料理が来ないときに「注文通ってますか?」の英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。今日は「注文通ってますか?」の英語表現についてお話します。この記事を読めば、レストランでのトラブルもスムーズに対応することができます。それでは、まいりましょう。

 

 

1. Can you check (on) my order?

すでに知っている単語かと思いますが、”check”「確認する」を使って、伝えることができます。1、2は「確認する」という意味ですが、意訳して「注文は通ってますか?」となります。”check”以外に”check on”を使ってもいいですよ。どちらを使っても同じ意味です。

リョウ
I’ve been waiting for a while now. Can you check my order?
もうしばらく待ってます。注文を確認してくれますか?

 

 

 

2. Can you follow up (on) my order?

次は、”follow up”。こちらは初めて聞いたかもしれませんが、よく使います。また、”follow up on”を使ってもいいですよ。

リョウ
Excuse me, can you follow up my order?
すみません、注文は通っていますか?

 

 

 

3. Is my food on its way?

最後は、”way”「方向」を使った表現です。友人や同僚と待ち合わせをしているときに、”Are you on your way?”「向かってる?」とよく使います。それと同じような感じです。意訳で「注文は通っていますか?」ですが、直訳すると、「僕の注文はその方向にありますか?」となります。その方向とは自分が座っているテーブルということになります。

リョウ
I’ve been waiting for a while now, is my food on its way?
しばらく待っていますが、注文は通っていますか?

 

 

 

前置きに”I’ve been waiting for a while now.”

まず、4つの必須フレーズの前に、前置きとして使える2つのフレーズを紹介しておきます。

  • I’ve been waiting for a while now, 〜.
  • Excuse me, 〜.

 

「注文通ってますか?」と急に言われても、ちょっとダイレクトすぎたり、店員さんも少し戸惑ってしまう可能性があります。なので、必須フレーズを伝える前に、I’ve been waiting for a while now, 〜.”「しばらく待っていますが、〜。」と状況を説明することで、店員さんも状況がすぐにわかってやりやすいです。オーダーをとってくれた人なら、状況がわかっているので”Excuse me, 〜.”だけで大丈夫でしょう。”for a while”の時間感覚ですが、だいたい20分以上注文が来なかった場合に使える表現です。

 

 

“My order hasn’t come yet.”も使えるよ

「注文通っていますか?」という表現以外に、「私の注文がまだきていません。」ということで、店員さんに確認を促すこともできます。この場合、現在完了形を使って、“My order hasn’t come yet.”と言います。

マイク
Excuse me, my order hasn’t come yet.
すみません、僕の注文がまだきていません。
ナオミ
I’m sorry. Let me check on that.
申し訳ありません。確認いたします。

 

 

注文に関連する記事

それでは最後に注文に関連する記事をご紹介します。今後の英語学習にどうぞお役立てください。

注文がスムーズ「〜をください」の英語表現6選とその使い方

2018年9月7日

「ご注文はお決まりですか?」の英語表現とその使い方

2016年10月18日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がなかなか注文した料理がこないときに使える必須3フレーズでした。それではSee you around.

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。