必須3フレーズをご紹介!「散歩する」を英語でなんていう?

こんばんは、リョウです。

今日のテーマは、「散歩する」の英語表現です。

これは必ず押さえておいてほしい!、っていうのをまず3つご紹介します。

さらに、そのあとによく聞かれる似たような表現の違いや言葉のニュアンスについてお伝えします。

そして、最後におまけの関連表現です。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: go for a walk「散歩にいく」

リョウ
Do you wanna go for a walk later?
あとで散歩にいかない?
アイヴァン
Sure.
いいよ。

 

“go for 〜.”で、「〜にいく」や「〜をする」という意味です。

“a walk”だけでなく、”meal”や”drink”、”lunch”などを入れて使うこともできます。

 

ナオミ
Let’s go for a meal.
食事にいこう。
ナオミ
Let’s go for drinks.
飲みにいこう。
ナオミ
Let’s go for lunch.
昼食にいこう。

 

“walk”は、動詞としての認識が強いですが、名詞としても使います。

意味は、「歩くこと」や「散歩」です。

“go for 〜”自体、様々な意味があります。

なんと全部で9つ意味があります。

会話でとても役に立つフレーズなので、また別の機会に”go for”の意味や使い方のまとめをご紹介したいと思います。

 

 

2: take a walk 「散歩する」

マイク
What did you do this afternoon?
午後は何をしてたの?
ナオミ
I took a walk around the park for a change.
気分転換に公園の周辺を散歩したよ。

 

次は、”take a walk”です。

“take”には、「自分のところにとり込む」というコアイメージがあります。

歩くことを自分に取り込むとイメージすれば、「散歩する」という意味になるのがわかりますね。

“take a walk”の直前に”go”をおいて、こう表現することもあります。

 

リョウ
Let’s go (and) take a walk.
散歩しに行こうよ。

 

 

3: walk around 「ぶらぶらする」

ナオミ
Why don’t we walk around the mall before having lunch?
昼食を撮る前に、モールをぶらぶらしない?
アイヴァン
Sounds good.
いいね。

 

“walk around”も「散歩をする」という意味合いで使うことができます。

ただ、違いがあります。

それは、モールやお店、ショッピングエリアなどを歩き回るときに使います

そのあたりの違いを認識して、使い分けをしてみましょう。

 

 

“take a walk”と”walk”の使い分けは?

「散歩する」ことは歩くことと同じなので、”walk”でもいいじゃない?って思いませんでしたか。

僕もそう思っていました。

しかし、この2つには違いがあります。

“take a walk”というと、歩くことにおいて運動が目的だったり、外の景色を楽しむニュアンスを含みます。

それに対して、”walk”にはそういったニュアンスが入りません。

ただ単に「歩く」という行為を表します。

感覚的に、自転車にする?歩きにする?って聞かれて、

“Let’s walk.”「歩こう」と言うように「歩くこと」自体が目的になります。

 

 

“take a stroll”ってよく使うの?

 

“take a walk”と同じ意味で、”take a stroll”を使うこともできます。

“stroll”は動詞で聞いたことがある方もいると思います。

“stroll around 〜”「〜あたりをブラつく」ってやつですね。

これを、名詞として「散歩」という意味でも使えます。

ただ、”take a walk”に比べると、圧倒的に”take a walk”のほうが広く使われていることが上のグラフでわかります。

なので、個人的には、”take a walk”を使うことをオススメします。

 

 

「犬の散歩」はどう表現する?

ナオミ
I’m taking my dog for a walk.
犬の散歩してくるね。
マイク
All right. Take care.
はーい。気をつけて。

 

最後になります。

「散歩をする」の英語表現を学んだら、「犬の散歩」の英語表現もぜひ押さえておきましょう。

英語で、“take one’s dog for a walk”と言います。

先ほどお伝えしました、”take”のコアイメージを思い出しましょう。

「自分のところへ取り込む」です。

「歩くために、犬を自分のところへ取り込む」となります。

こうやって、英単語の本来のイメージを意識しながら、話す意識を心がけましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「散歩する」の英語表現でした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

英会話初心者の人が必ず読んでおきたいフレーズ本4選

2018.06.11

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中