「ゼロから始める」の英語表現2選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「ゼロから始める」という英語表現を2つご紹介します。1つはとても簡単で、普段日本語でも使うぐらい日常化している単語が入っています。2つ目は僕が英語圏に住み始めてから、聞くようになったイディオム表現です。それでは、まいりましょう。

 

 

start from zero

数字は世界共通なのでありがたいですね〜。英語圏でもゼロからという時”from zero”と言います。

スタローン
What’s your question?
君の質問はなんだい?
マイク
How do I start a business from zero with no money?
お金をかけずにビジネスをどうやってゼロから始めればいいの?

 

 

 

start from scratch

2つ目は、”scratch”を使います。”scratch”ってそれがゼロからっていう意味になんの?って思いませんでしたか?僕は”scratch”と聞くと「傷」や「〜をひっかく」という意味が浮かんできたのですが、あなたはいかがでしょうか。それ以外に“scratch”は「スタートライン」という意味があります。スポーツの世界で使われています。あの白のラインです。その白のラインが言ってみれば、ゼロの段階なので、「スタートラインから」が「ゼロから」になったということですね。

ナオミ
I like your house! It is very unique.
あなたの家気に入ったわ!とても独特だね。
リョウ
I actually built it on my own. I started from scratch 3 years ago.
実は自分で建てたんだ。3年前にゼロから始めたよ。

 

 

動詞を置き換えて、使おう!

最後になりますが、動詞は必ずしも”start”でなきゃいけないわけではありません。他によく使う動詞は、”make”と”do”です。これらと”start”の3つを覚えておけば、十分でしょう。では、スタッフに例文を紹介してもらいましょう。

マイク
Where did you buy those cookies?
このクッキーはどこで買ったの?
アイヴァン
I didn’t buy them. I made them from scratch.
買ってないよ。ゼロから作ったの。

 

  • 使っていたパソコンがフリーズして
リョウ
I forgot to save the data. Oh my, I have to do everything from scratch.
データを保存し忘れたよ。あー、全部ゼロからやり直しだ。

 

 

 

始めるに関連する記事

“begin”と”start”の違いとその4つの使い分け

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、「ゼロから」と言いたいときの必須2フレーズでした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出