変わる音4段階!”of”の発音が聞き取れないのはなぜ?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんばんはリョウです。今日は前置詞で頻繁に使う”of”の発音方法についてご紹介したいと思います。中学校で習った発音だと確か「オブ」でしたよね。実際の英語では実は「オブ」とは発音されません。しかも厳密にいうと4つの音に分かれています。この4つを押さえておけば今日から加速度的に”of”の音が聞こえやすくなります。それでは、まいりましょう。

 

 

1. 普通によく聞く音、「アヴ」

スタローン
I’m tired of it.
それにはうんざりだよ。

 

 

マイク
She’s a friend of mine.
彼女は私の友達です。

 

 

 

“of”を普通に発音すると、例文で聞き取れたように「アヴ」のような音になります。「オブ」ではなく、「アヴ」です。なので”tired of”は「タイヤードアブ」、そして”friend of mine”は「フレンドアブ」です。

 

 

2. 強調するときは、「アーブ」

マイク
Get out of my face.
ほっといてくれ。

 

 

 

一方で一語一句強調したい場合は、”of”「アーヴ」のように発音します。上の例のように、感情的なときに強調して「アーブ」と発音することがあります。

 

 

3. 「アフ」になることもある

スタローン
Of course!
もちろん!

 

 

 

カタカナ発音だと、「オフコース」ですが、英語では「アフ」です。辞書では発音が「アヴコース」と書いてありますが、実際会話では「ヴ」が弱くなって、「フ」になり「アフコース」と発音されます。

 

 

4. 早口になると、「ア」

マイク
Let’s get out of here.
ここから出よう。

 

 

 

リョウ
Can you bring me another cup of coffee?
コーヒをもう一杯もらっていいですか。

 

 

 

ロバート
I had a lot of friends in Texas.
テキサスにたくさんの友達がいたよ。

 

 

 

ネイティブの人は、早口になると「アヴ」が「ア」になります。“out of”は”t”「ト」と”of”「ア」がくっついて、「アウタ」のような音になります。その要領で、2つ目の”cup of”は「カッパ」、そして3つ目は、「アロッタ」です。このように音が変化していきます。

 

 

ofに関連する記事

ネイティブ発音方法!”cup of”が聞き取れないのはなぜ?

2016年11月12日

今日からネイティブ!一瞬でかわる”a lot of”の発音方法

2016年10月4日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、4段階の音変化、”of”の発音方法でした。それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。