変わる音、4段階!”of”の発音が聞き取れないのはなぜ?

こんばんは、リョウです。

今日は、前置詞で頻繁に使う”of”の発音方法についてご紹介したいと思います。

中学校で習った発音だと、確か「オブ」でしたよね。

実際の英語では、実は「オブ」とは発音されません。

しかも、厳密にいうと4つの音に分かれています。

この4つを押さえておけば、今日から加速度的に”of”の音が聞こえやすくなります。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 普通によく聞く音、「アヴ」

スタローン
I’m tired of it.
それにはうんざりだよ。

 

 

マイク
She’s a friend of mine.
彼女は私の友達です。

 

 

 

“of”を普通に発音すると、例文で聞き取れたように「アヴ」のような音になります。

「オブ」ではなく、「アヴ」です。

なので、”tired of”は「タイヤードアブ」、そして

“friend of mine”は「フレンドアブ」です。

 

 

2. 強調するときは、「アーブ」

マイク
Get out of my face.
ほっといてくれ。

 

 

 

一方で、一語一句強調したい場合は、”of”「アーヴ」のように発音します。

上の例のように、感情的なときに強調して「アーブ」と発音することがあります。

 

 

3. 「アフ」になることもある

スタローン
Of course!
もちろん!

 

 

 

カタカナ発音だと、「オフコース」ですが、英語では「アフ」です。

辞書では発音が「アヴコース」と書いてありますが、実際会話では「ヴ」が弱くなって、

「フ」になり、「アフコース」と発音されます。

 

 

4. 早口になると、「ア」

マイク
Let’s get out of here.
ここから出よう。

 

 

 

リョウ
Can you bring me another cup of coffee?
コーヒをもう一杯もらっていいですか。

 

 

 

ロバート
I had a lot of friends in Texas.
テキサスにたくさんの友達がいたよ。

 

 

 

ネイティブの人は、早口になると「アヴ」が「ア」になります。

“out of”は”t”「ト」と”of”「ア」がくっついて、「アウタ」のような音になります。

その要領で、2つ目の”cup of”は「カッパ」、そして3つ目は、「アロッタ」です。

このように音が変化していきます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、4段階の音変化、”of”の発音方法でした。

それでは、See you around!

 

 

通勤時間を効率的に活用するオススメの英会話学習方法

2018.10.10

無料から有料まで!英語でニュースが読める最強アプリ5選

2018.07.01

ご紹介、実際に試して効果のあった発音矯正にオススメのリスニング教材とアプリ全部で6選!

2018.02.04

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中