場面で使い分ける!”See you soon.”と”See you later.”の意味と違い

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”See you soon.”と”See you later.”の意味の違いについて簡単に説明したいと思います。

生徒さんからよくこの二つの違いについて聞かれてることがあります。

なぜなら、”soon”も”later”も同じような意味だからですね。

この記事を読めば、英語感覚が高まりさらに自然に話せるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“See you later.”は「またね」、「じゃあね」

“See you later.”は、日本語でいう「またね。」や「じゃあね」です。

日本語で「またね」って言う場合、つぎにいつ会うかはっきりしませんよね。

今日か明日かもしれないし、また来週かもしれません。そして、もしかしたら、1ヶ月後かもしれません。

でも、そんなに遠くはない未来です。

“See you later.”はそういうときに使います。

では、ナオミとマイクの会話を見てみましょう。

ナオミ
I had fun tonight.
今夜は楽しかった。
マイク
Likewise. Well, see you later. Take care.
俺も。まぁ、またね。気をつけて。

 

 

 

仕事終わりに飲みにいくことになって…

ナオミ
I’m leaving now. See you later.
今からでるよ。じゃあね。
マイク
All right. I’ll call you when I get there.
わかった。着いたらまた連絡するよ。

 

 

 

時間を指定して使える!”See you later at 〜.”

“See you later.”は時間を指定して使うこともできます。

よく使います。

特に電話で話してて、夜7時に会うことがわかっているような場合なら、

マイク
See you later at 7pm.
7時に会いましょう。

 

 

 

のようにいうことができます。

 

 



“See you soon.”は「あとで」、「またすぐに」

一方で”See you soon”は、日本語で言う「あとで」や「またすぐに」です。

「あとで」という場合、だいたい数時間以内かその日のうちに会うイメージです。

もしくは、近いうちに会う計画がされているイメージ。

そういった、とても近い未来に対して使います。

それは英語で”See you soon.”という時も、同じです。

では、マイクとリョウの会話を見てみましょう。

マイク
Let’s meet at 6 pm today.
今日、6時に会おう。
リョウ
All right. See you soon.
了解。あとで。

 

 

 

マイク
I’ll be going back on 20th. See you soon.
20日に帰るよ。またすぐに。
リョウ
All right. Take care.
了解。気をつけて。

 

 

 

Youtubeで学ぶ

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”see you later”と”see you soon”の意味と使い分けでした。

「またね」と「あとで」を意識して使えば、今日からあなたもネイティブのニュアンスを身につけたのと同じです!

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。