友達と「遊ぶ」や「ぶらぶるする」を英語で言うと?今日からすぐ使える「遊ぶ」フレーズ5選!

友達や同僚などと「遊ぶ」や「ぶらぶらする」、または「つるむ」と言いたいときは、”hang out”を使います。日常会話でとてもよく使う英会話フレーズなので、押させておきましょう。

 

それでは、マイクとリョウの会話を見てみましょう。

マイク
Hey, do you wanna hang out with me tomorrow?
なぁ、明日遊ばない?
リョウ
Sure. What time?
いいよ。何時?

 

 

 

  • 過去形の場合
リョウ
What did you do on the weekend?
週末は何をしたの?
マイク
I hung out with my college friend first time in a year.
1年ぶりに大学の友達とつるんだよ。

 

 

 

カジュアルに、hang out

大人同士が「〜と遊ぶ」と言いたいときにもっとも使われる表現が、この”hang out with 〜”です。前置詞withと一緒によく使われます。

カジュアルな表現なので、フォーマルな場では使わないようにしましょう。

 

 

“hang”は不規則動詞

“hang”は不規則動詞なので、過去形になると形が変化します。”hang-hung-hung”となります。”hang”の”a”は口を「エ」の形にして、「ア」と音を出します。

一方で、”hung”の”u”は、口を軽く開けて、喉の奥から「ア」の音を出します。

  • hang

 

  • hung

 

 

スラングだと”chill out”

“chill out”はスラングで「リラックスする」や「遊ぶ」という意味があります。また別記事で紹介できるぐらい使える日常会話フレーズですが、今回は「遊ぶ」の意味のほうを紹介します。

特に若者が使う表現です。”chill out”の変わりに”chill”だけで言うこともあります。

それでは、マイクとナオミの会話を見てみましょう。

ナオミ
Let’s chill out together this weekend.
今週末一緒に遊ぼう。
マイク
Sounds good. What do you wanna do?
いいね。何したい?

 

 

子供と「遊ぶ」は”play”

一方で、子供と遊ぶことを言いたいときは、動詞”play”を使います。”play”のあとに、よく前置詞withを忘れがちな人が多いので、しっかりと”with”をつけましょう。

 

では、リョウとロバートの会話を見てみましょう。

リョウ
What did you do on Saturday?
土曜日は何をしたの?
ロバート
I played with my kids at the park.
公園で子供と遊んだよ。

 

 

その他にも使える表現

“hang out”だけでなく、友達や同僚などと遊ぶときに使えるフレーズをご紹介します。

 

spend time with 〜

カジュアルな場面からフォーマルな場面まで使うことができるフレーズです。”spend”は「過ごす」という意味の動詞です。友人にかかわらず、大切な人や家族と過ごすときにもよく使われます

こちらも不規則変化の動詞で、”spend-spent-spent”となります。

 

ナオミ
I spent time with my family last Friday.
先週の金曜日家族と過ごしたよ。

 

 

go out with 〜

“go out”で「出かける」という意味です。場合によっては「デートをする」という意味がありますが、今回は「遊ぶ」と表現したいときに使う”go out”です。

 

アイヴァン
I’m going out with my high school friends later.
あとで高校のときの友達と出かけるんだ。

 

 


 

以上が、「遊ぶ」と言いたいときに使えるフレーズでした。それでは、See you around!

 

 

友達同士で使える「了解」を英語でかっこいいネイティブ表現で言うと?

2018.01.20

いますぐ知っておきたい"meet"と"meet with"、"meet up"の違いと簡単な使い分け!

2017.12.08

友達や恋人に「今夜飲みに行こう。」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使って相手を飲みに誘える!

2016.03.30
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。