知らないと損する!待ち合わせ場所や時間を決める時に役立つ英語フレーズ8選

「どこで会おうか?」と英語で伝えたいときは、”Where should we meet?”と言います。友人や同僚などと会う約束するときによく使う便利な英会話フレーズです。

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
How about going for a drink tonight?
今夜飲みに行くのはどう?
マイク
Sounds good to me. Where should we meet?
いいね。どこでお会うか?

 

 

 

1: “Where should we meet?”

助動詞”should”は相手に提案するときに、「〜したほうがいい」という意味で使うことができます。

そして、”meet”は「〜に会う」という意味で、初対面の人や人と会うときによく使える動詞です。直訳してみると、「どこで私たちはあったほうがいいかな?」となりますが、意訳して「どこで会おうか?」となります。

 

 

2: 相手に場所や時間を提案するなら、”How about ~?”

相手に場所や時間を提案するなら、”How about ~?”を使いましょう。これは、「~はどうですか?」という意味です。今回は場所を聞く場合のフレーズを紹介していますが、時間にも使えます。

下の会話を見てみましょう。

ナオミ
Where should we meet?
どこで会おうか?
リョウ
How about at greenbelt 1?
グリーンベルト1はどう?

 

 

ナオミ
What time should we meet?
どこで会おうか?
リョウ
How about 7 in the evening?
夕方7時はどう?

 

 

 

時間について聞くなら、”Where”を”What time”に入れ替えるだけ

上ですでに紹介していますが、何時に会うか聞きたいときは、シンプルに”where”を”what time”に入れ替えるだけ。”What time should we meet?”と言いましょう。

 

3: 場所や時間をゆだねられたら、”Let’s meet at ~.”を使おう

相手から、場所や時間は何時でもいいよ、と言われたことありますよね。そういうときには、”Let’s meet at ~.”を使いましょう。「~で/に会いましょう。」という意味です。

時間の場合は、「~」のところに、”Let’s meet at 5 o’clock.”「5時に会おう。」のように言いましょう。

 

マイク
Anywhere is fine with me.
どこでもいいよ。
リョウ
All right. Let’s meet at Ayala station.
わかった。アヤラ駅で会おう。

 

 

 

4: 最後に確認で、”Okay, I’ll meet you at ~.”

場所や時間が決まった場合、間違いがないか最終確認をしたいとき、ありますよね。そういうときは、”Okay, I’ll meet you at ~.”を使いましょう。意味は、「わかった、~で会おう。」です。

これを使うことで、聞き間違いを最大限に避けることができます。

ナオミ
Let’s meet at the cafe where we usually go.
いつも一緒に行くカフェで会おう。
リョウ
Okay, I’ll meet you at Green cafe.
わかった。グリーンカフェで会おう。

 

 

 

同じような表現

5: Where are we going to meet (up)?

 

“Where are we going to meet (up)?”で「どこで会う?」という意味です。紹介しているフレーズとほとんど一緒です。何が違うかというと、”be going to”を使っています。

ネイティブが頻繁に使う省略バージョンの”gonna”で言ってもいいですよ。その場合は、”Where are we gonna meet (up)?”となります。

 

6: (カジュアル)Where do you want to meet (up)?

 

カジュアルに聞きたいなら、これです。

“Where do you want to meet (up)?”「どこで会う?」

これも、ネイティブが使う省略バージョン”wanna”を使って、”Where do you wanna meet (up)?”と言うこともできます。”want to ~”は「~をしたい」と願望を表すだけでなく、相手の希望を聞くときも、よく使います。

 

7: (丁寧)Where shall we meet (up)?

 

状況によっては、丁寧に相手に聞いた方がいいときがあります。上司や目上の人と会うときは、丁寧な表現をしっかりと押さえておきたいです。

“Shall we ~?”「~しましょうか?」を使って、”Where shall we meet (up)?”「どこで会いましょうか?」と言うこともできます。

 

8: What time and where are we going to meet (up)?

 

最後は、場所と時間を一緒に聞きたいときに、使えるフレーズです。場所も時間も決まっていないなら、両方一緒に聞いてしまいましょう。

“What time and where are we going to meet (up)?”と言います。「何時にどこで会う?」という意味になります。

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば使ってみましょう。それでは、また会いましょう!

 

いますぐ知っておきたい"meet"と"meet with"、"meet up"の違いと簡単な使い分け!

2017.12.08

「時間通りに」は"in time"か"on time"のどっち?今日からはそれぞれの違いを知って使い分けられる!

2017.05.16

「お待たせ」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使って待たせた相手にお詫びをすることができる!

2016.10.01
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。