「調子に乗ってる」の英語表現3選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「調子に乗ってる」の英語表現をご紹介したいと思います。

日本語で「あいつ調子乗ってるなー」というようにネガティブな意味で使いますよね。英語ではどうなんでしょうか。実は場面によって使える表現またはフレーズが違ってきます。その辺りを掘り下げていきます。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. get carried away

ナオミ
Wow, you bought a lot of clothes.
わぁー、たくさん服買ったね。
アイヴァン
Yeah, I got carried away. I spent too much today.
うん、調子乗っちゃった。今日は使いすぎたな。

 

ポイントは、興奮して我を忘れる状態です。そして結果、調子に乗るという感じです。”carry away”は「夢中にする」や「われを忘れさせる」という意味があります。その過去分詞”carried”が”get”の直後にきているということです。ちなみに”get + 形容詞/過去分詞”で「〜(の状態)になる」です。

 

 

2. go overboard

マイク
Don’t you think he goes overboard with jokes sometimes?
あいつときどき冗談がすぎることがあるよね?
リョウ
That’s what I noticed too.
俺もそれ気づいた。

 

リョウ
I’m going out for drinks with my friends.
友達と飲みに行ってくるよ。
アイヴァン
All right. Don’t go overboard.
わかった。調子に乗って飲みすぎないようにね。

 

今回紹介しているのはイディオムです。意味は「調子に乗って、〜しすぎる」になります。このフレーズのホイントは「やりすぎる」ってところです。行動に対してだけでなく発言に対しても使われます。ちなみにもともとの意味は、”go overboard”で「船の外に落ちる」という意味です。

 

 

3. be cocky

マイク
If I were you, I could do much much better.
僕が君だったら、もっともっと上手にできただろうな。
リョウ
Don’t be cocky, man.
おい、調子に乗んなよ。

 

“be cocky”で「調子に乗る」です。”cocky”自体は「自惚れた」や「生意気な」という意味です。なんでもできちゃう人っていますよね。まだ能力が高い人調子に乗るならいいです。でもできないくせに調子の乗ってたらもっとタチ悪いですね(笑)

それが影響で調子にのっちゃうっていうパターン。周りの人に対して少しイライラさせるぐらいの自信満々な人対して使います。上の会話のように少し冗談混じりで使われることもよくありますし、下の例文のように、真面目にいう時にも使われます。

マイク
He’s so cocky. It’s better I should not talk to him anymore.
あいつ本当に調子乗ってるよ。もう話さないほうがいいわ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「調子に乗ってる」の英語表現でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。