ご紹介、会議をうまく切り上げるときに使える英会話フレーズ3選!

「今日はこれで終わりにしましょう。」と伝えたいときは、”Let’s call it a day.”と言います。

会議の最後や仕事を切り上げるときに使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
It’s already 3 o’clock now. Please share the meeting minute via email later.
もう3時ですね。後でメールで議事録を共有してくださいね。
ロバート
Sure. All right, let’s call it a day.
わかりました。では、今日はこれで終わりにしましょう。

 

 

 

“call it a day”

今回紹介している”call it a day”は「一日の仕事/会議(など)を終わりにする」という意味のイディオムです。

なぜこのような意味になるのか不思議になったかと思いますが、直訳して考えると分かりやすいですよ。

 

 

「一日の仕事/会議(など)を終わりにする」となるわけ

“call”の後ろに代名詞”it”と名詞”a day”が来ていますが、これは”call+目的語+補語”「~(目的語)を…(補語)と呼ぶ」という形が使われています。

自己紹介の時によく使う”Call me Ryo.”「リョウと呼んでください。」という形と同じです。

では、今回のフレーズを直訳すると「それ(仕事/会議)を一日分と呼ぶ」となります。

…ということは、今日一日分の仕事または会議をしたということになりますよね?

そこから「一日の仕事/会議(など)を終わりにする」という意味になりました。

もし日中ではなく、夜の場合なら”call it a night”と言いましょうね。

 

 

“wrap up”

また同じ意味で”Let’s wrap it up.”という言い方もできますよ。

こちらもよく会議で使われる表現です。

“wrap up”で「~を終わらせる」という意味です。

もちろん”it”を”meeting”「会議」と入れ替えて、”Let’s wrap up the meeting.”と言ったり、”It’s time to wrap up the meeting.”と言うこともできます。

 

マイク
Time is up. Let’s wrap up the meeting?
時間切れだね。ミーティングを終わりにしようか?
リョウ
Can I add something?
ちょっと補足してもいいですか?

 

 

 

“close a meeting”

「(ドア)を閉める」という意味の”close”を、ミーティングを終わらせるときにも、「(会議を)終わらせる」と言う意味で使えます。

 

スタローン
I guess that will be all for today.
今日は、これで以上かな。
マイク
All right, let’s close the meeting.
それじゃ、ミーティングは終わりにしましょう。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたか?

機会があれば使ってみましょうね。

それでは、また会いましょう!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

通勤時間を効率的に活用するオススメの英会話学習方法

2018.10.10

【初級から中級】無料で使えるオススメの人気英会話アプリ3選

2018.07.31

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中