会話で使える5パターン!”more like”の意味と使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんばんは、リョウです。

さて本日のテーマは”more like”のいろいろな使い方です。

以前実は別の記事で“That’s more like it.”というフレーズを紹介しました。これと今日紹介する”more like”の使い方は同じです。ネイティブがよく使う表現で「そっちのほうがいいね」という意味です。

ただ”more like”というフレーズ自体いろいろな文の形に当てはめて使うことができるので、本当に便利なんです。なので今日は”more like”の使い方を知っていただいて、さらに会話力をあげてもらいたいと思います。

それでは、参りましょう。

 

 

 “more like 〜”の意味と使い方

まず文法的なところでお伝えしておくと”more”は副詞で”like”は前置詞です。なのでこの”like”は「好む」という意味ではありません。これは「〜のような」「〜に似た」という意味です。

さらに”more”「もっと」がつくことで「もっと〜のように」という意味になります。話の話題になっていることに対して、そうじゃなくもっとこっちよりってときに使えます。これだけじゃわかりにくいので下に紹介する5パターンの会話で理解をさらに深めましょう。

また”more like”の直後には「名詞」または「動名詞」、そして「文」をおくことができるんですね。

 

 

会話でよく使う5パターン!

それでは、会話でよく使う5パターンをご紹介します。ご紹介している5パターン以外の形も聞くことがあるかと思います。すぐに意味をイメージできるように次の会話を音読して使えるようにしておきましょう。

1: “It’s more like 〜.”

マイク
I heard that you’re becoming a Youtuber.
ユーチューバーやってるんだって。
リョウ
Yeah, but it’s not really like my job. It’s more like my hobby.
うん、でも仕事ってわけじゃないんだ。もっと趣味に近いかな。

 

 

 

2: “He’s more like 〜.”

マイク
It seems that you guys are really close.
あんたたちメチャ仲よさそうじゃん。
ナオミ
No, he is more like a brother to me.
違うよ、彼はもっと私の弟みたいな感じなの。

 

 

3: “feel more like”

リョウ
Why don’t we go for Sushi tonight?
スシ食べに行かない?
マイク
That’s okay. But I feel more like eating Chinese food.
いいよ。でも中華よりの気分なんだ。

 

 

 

4: “sound more like”

リョウ
When Trump speaks, he sounds more like a king than a president.
トランプが話すとき、大統領というよりもっと王様みたいに聞こえるよね。
マイク
Oh yeah. I think so, too.
確かに。俺もそう思うわ。

 

 

 

5: “look more like”

マイク
Ryo kind of looks like his mom doesn’t he?
リョウってお母さんに似てると思わない?
ナオミ
Really? I think he looks more like his dad to me though.
マジで?俺はもっとお父さんに似てると思うけど

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、会話でよく使う”more like”の意味と使い方でした。

それでは、See you around.

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。