抽象的でワンパターンな英会話になってしまう人が取り組むべき2つのこと

こんばんは、リョウです。

英語を話す練習をしていると、かならずいくつかの壁にぶつかります。

その一つが、英語を長く話すことだったり、長文を話すことだったります。

特に、短文でスムーズに受け答えができるようになった方に直面する壁です。

実際に僕もその壁にぶつかりました。

なかなか伸びず、前に進みませんでした。

でも、ある2つのコツを習得したことで、英語がどんどんうまく話せるようになりました。

今日は、今すぐに活用できる、伝わる英語が話せるその2つのコツについてせまります。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: 5W1Hを組み込もう

これは、ある状況を説明するときにとても役立ちます

実際に、ビジネスの場では、報告書やメールで重要視されるポイントです。

なので、自分が発言する文にできるだけ5W1Hの要素を組み込みましょう。

なぜなら、相手にあなたの状況をうまくイメージさせることができるからです。

ところで、5W1Hは覚えていますか?

簡単におさらいしておきましょう。

5W1H
  1. when(いつ)
  2. Where(どこ)
  3. who(だれが)
  4. what(何を)
  5. why(なぜ)
  6. how(how)

 

こんな感じです。

相手の質問に返答するとき、だいたい「いつ」、「だれが」「何を」で終わってないでしょうか。

例えば、こんな感じで、リョウのように。

マイク
What did you do today?
今日は何をしたの?
リョウ
I watched spiderman this afternoon.
午後のスパイダーマンを見たよ。

 

5W1H
  1. when(いつ)→this afternoon
  2. Where(どこ)なし
  3. who(だれが)→I
  4. what(何を)→watched spiderman
  5. why(なぜ)なし
  6. how(how)なし

 

この状態でも会話はもちろん成立します。

でも、さらに踏み込んで、5W1Hを最大限活用すると会話力がもっとアップします。

では、5W1Hを意識した会話を見てみましょう。

 

マイク
What did you do today?
今日は何をした?
リョウ
I watched spiderman to kill time at a nearest mall this afternoon.
午後に、最寄りのモールで時間つぶしにスパイダーマンを見たよ。

 

5W1H
  1. when(いつ)→this afternoon
  2. Where(どこ)→at a nearest mall
  3. who(だれが)→I
  4. what(何を)→watched spiderman
  5. why(なぜ)→to kill time
  6. how(how)なし

 

情報が追加され、より具体的になりましたね。

追加したのは、2と5の情報だけです。

でも、たった2つの情報を追加するだけで、見違えるように伝わる英語になっていますよね。

こんな風に、話すときはかならず5W1Hを意識しましょう。

最初のうちはうまくいかないこともあると思います。

でも毎回意識することで、相手に具体的に伝わる英語に進化していくこと間違いありません。

 

 

2: ロジカルな話の流れを意識する

これは、自分の意見を伝える際に、話にまとまりが生まれ、より具体的に相手に伝えるときに役に立つ手法です。

なので、意見を聞かれたら、ロジカルな話の流れをできるだけ意識して話すようにしましょう。

実際に、僕もこれを意識し初めてから、相手に自分の気持ちや意見が伝わりやすくなりました。

さらに、会話が以前より楽しく感じれるようになったんです。

 

でも、だいたいこんな感じで会話は終わってしまいませんか?

マイク
Which do you like more, cats or dogs?
猫と犬だとどっちが好き?
リョウ
I like cats more.
猫のほうが好きだな。

 

とりあえず、短文で返せたからいっか、という感じで。

でも、さらに踏み込んで自分の気持ちを深く伝えてみましょう。

では、どうやって伝えるのでしょうか。

下記の箇条書きを見てみましょう。

  • 結論
  • 理由
  • 根拠(データ、客観的な事実)
  • 具体例
  • しめ

 

それでは、このロジカルな流れを意識した会話を見てみましょう。

 

マイク
Which do you like more, cats or dogs?
猫と犬のどちらが好き?
リョウ
I like cats more.
猫のほうが好きだな。
Because cats are a lot cuter than dogs.
なんでかっていうと、犬より全然可愛いからね。
In fact, most of my friends think so, too.
実際、俺のほとんどの友達がそう思ってる。
Especially when cats rub their faces, they look so adorable.
特に猫が顔をこすったとき、すごくかわいらしいよね。
That’s why I like cats more.
だから猫が好きなんだ。

 

どうでしょうか。

どれがどれに相当するのか見てみましょう。

 

  • 結論→I like cats more.
  • 理由→Because cats are a lot cutter than dogs.
  • 根拠(データ、客観的な事実)→In fact, most of my friends think so, too.
  • 具体例→Especially when cats rub their faces, they look so adorable.
  • しめ→That’s why I like cats more.

 

このように、”I like cats more.”とだけ返すところを、ロジカルな流れを意識して話すと、見違えるように発話量が増え、さらに話にまとまりがでました。

それだけでなく、話している相手も、あなたのことをより理解して、もっと話したいと思うでしょう。

でも正直、1も含めて、最初からこれを意識しながらスムーズに話すのは難しいです。

なので、練習をたくさんしましょう。

現在、もしオンラインレッスンや最寄りのスクールに通っているかたは、ロジカルな流れを意識して話すように毎回心がけていきましょう。

またRYO英会話では、スピーチを実践的に話して、添削を導入したレッスンをやっています。

ご興味があれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 


 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

以上が、英語で長文を話す2つのコツでした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中