メンタルが強くない方必見!間違いや失敗を恐れず、堂々と英語を話すための5ステップ

こんにちは、リョウです。

今日のテーマは、間違いや失敗を恐れず、堂々と英語を話すための5つのステップです。

僕自身、メンタルがもともと強いタイプではなく、失敗するのが怖くて、言いたいことがたくさんあるのにいえませんでした。

また、不自然な英語になってしまうことを急に恐れて、これを言ったら話が盛り上がるだろうなー、という場面で遠慮することがよくありました。

深みのない、浅い会話ばかり続いていました。

それもこれも、度胸がなかったからだと思います。

でも、どこかで変えたいと思うようになりました。

そして、度胸をつけるコツを体得し、さらに英語を流暢に話せるようになっていきました。

ということで、今日はその方法を具体的にお伝えしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: 評価に左右されない!「変わる」ことを決意

間違えることを恐れたり、不自然な英語を話すことを恐れて、あえて話さないといったことってありませんか?

これは、相手からの評価を気にしてしまうから起こることです。

こんな残念な声が聞こえてくるかもしれません。

 

ナオミ
語彙力、実はあんまりないだね。
マイク
実は、ブロークン英語なんだ。
スタローン
今の何?変な英語

 

間違えたあとに、こんな風に思われていたらいやですよねー。僕はメンタルが強い方ではないので、こんなことを直接言われたときには、心がズキズキ。

でももっとも大切なのは、

「他人の評価に左右されること」ではなく、英語を通じてあなたがどうありたいのか、またどう変わりたいのか、

というところにあるのではないのでしょうか。

「他人の評価」は大切です。でも「他人の評価に左右される」ことは時間のムダです。

あなたの人生を無駄にしないためにも、まず「変わる」ことを決意しましょう。

 

 

2: 自分のセルフイメージを決める

「変わる」ことを決意したら、次に必要なことは、セルフイメージを決めることです。

どのくらいの英語のレベルに到達して、どんな自分でありたいか

そういったことを、少し時間を作って決めてみましょう。

別にネイティブレベルの英語になる必要はありません。

たとえば、

リョウ
外国人とスムーズに意見交換して、自分の世界観を広げている

 

こういう感じで、自分が英語を通じてどうありたいのかを決めましょう。

英語をツールだけと考えるのではなくて、自分の人生を豊かにしてくれるものと思ってください。

セルフイメージが決まったら、部屋の見えるとこに書いた紙を貼ったり、スマホのメモ帳なんかにメモっていつでも見れる状態にしておきましょう。

そうすることで、その願望が達成する確率が高くなります。

 

  • セルフイメージについて

知らないと損する!英語学習の目標設定をする前に、まずセルフイメージをチェック

2016.06.22

 

 

3:成功するための準備をする

あなたのセルフイメージに合わせて、やっておくべき学習はしておきましょう。

この記事を読んでいただいている方は、おそらく会話力をあげたい方だと思います。

なので、会話の引き出しを多くするためにもっとも効率のよい方法、フレーズをたくさん暗記したり、多読したりするようにしましょう。

そうすることで、あなたのセルフイメージにどんどん近づいていきます。

 

  • フレーズのオススメ教材

英会話初心者の方に読んでほしい!おすすめの勉強法と意識するポイント

2017.12.04
  • 音読の4大効果について

英語脳を作る!スピーキング力が倍にアップする正しい音読のやり方と隠された4つの効果

2018.05.22

 

 

4: 間違いは成功への近道

準備をして、成功に近づいていくとはいっても、実際の会話になったときに、やはり緊張したり、失敗や間違いに恐れを感じて、うまく話せなかったり、あえて妥協して話さないということは起こるかもしれません。

でも、そこであえて間違えてください。

なぜなら、間違えることが成功への近道だからです。

間違える事を、肯定してみてください。思考に心がついていかないかもしれませんが、それは始めだけです。慣れてくると、だんだん心がついてきます。

自分の器を大きくしていくような感じです。

間違えることはいいこと。そう心に伝えましょう。

野球で例えるなら、3割の打率をただき出せば、一流の野球選手と言われます。

でも、3割出すにも、ふらずに待っていては何も起こらず、まずふらないことには打率は上がりません。

そして、ヒット数の2倍以上は失敗しないといけないんです。

会話力の打率をあげるのも一緒です。

まず、どんどん話して、うまくいくかいかないかはそのあとです。

失敗したら、成功への一歩をまた踏んだって思うようにしましょう。

 

 

5: 間違えを必ず振り返り、モノにする

最後のステップになります。

最後は、間違えたら、必ず振り返って、どういったフレーズ、または文だったらもっと伝わりやすかったのかを考えてみましょう。

そして、答えが出たら、音読して口に定着させるなり、スマホのメモ帳に保存しておくなりして、次同じような場面がきたときのために、モノにできるようにしておきましょう。

そうして、会話力の打率をどんどんあげていきましょう。

 

  • 僕が間違え必ずものにするためにやっている方法

僕がオススメする、iPhoneの無料アプリを使った簡単な英語学習方法

2017.10.11

 

 

最後に:バランスが大事

今回、メンタルが強くない方に限定しているのは、メンタルが強い方は、そもそも度胸があったり、いい意味で根拠のない自信があったりするので、この壁は軽くクリアしてしまう場合が多いからです。

かといって、メンタルが強いから、必ず流暢に話せるようになれるわけではありません。

度胸がある人は、意外と簡単に話せてしまうと過信するところがあったりするので、しっかりとしたインプットが抜けがちです。

反対に、メンタルが強くない人は、失敗を回避するために、インプットに焦点を当てすぎ、実践でうまく話そうとする傾向があります。

そして、なるべく失敗しないように、しないように会話するので、あまり会話が盛り上がらないことが多いのです。

一番大事なのは、バランスです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、間違いや失敗を恐れずに堂々と話すための5ステップでした。

僕自身が、こういったところで英語学習でつまずいた経験があったので、少しでもあなたのプラスになっていたら嬉しいです。

それでは、See you around!

 

 

ついに公開、今日からできる英語の会話力をあげる3つのコツ

2018.05.18

グローバル社会で求められる英語力を身につけるために必要な6つの要素

2018.05.13

モチベーションが倍でアップ!英語学習を習慣化する方法

2016.05.21

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中