フィリピン現地採用だと英語力はどのくらい必要?【TOEICスコアと実践レベルで分析】

こんにちは、リョウです。

今日は、フィリピンの現地採用だと英語力はどのくらい必要?【TOEICスコアと実践レベルで分析】についてお話します。

僕自身フィリピンのマニラで合計7年弱日系企業で勤務した経験があるので実体験に基づいた内容になっているため信憑性の高い記事になっていると思います。

僕がどんな仕事をやってきたか具体的に知りたい場合は僕のプロフィールよりどうぞ。

この記事を読めば、フィリピンでの海外就活がさらにスムーズに進みます。

それでは、まいりましょう。

 

 

TOEICスコア X 実践レベル

最低限必要なレベル
  • TOEICスコア: 600点〜
  • 実践レベル(ステージ4): 間違いはありながらも、自然なコミニケーションを行うことができる

弊社のレベル表より

業種によっても職場で英語を使用する頻度は変わってくると思いますが、オフィスワークであれば上のボックス程度の英語力は持っておいたほうがよいです。

理由としては2つあって、1つはまず現地ローカルスタッフから認めてもらうためと、もう1つがオフィスワークの場合日本人と直接働くローカルスタッフは高学歴で英語力が高い人が多いからです。

1つ目に関しては、これは実際に現地で働いてみないとわからないことですが、相手の配慮や理解があってやっとコミュニケーションできるようなレベルだと悲しい現実ですがローカルスタッフから認めてもらえません。

それが影響でローカルスタッフとミスコミニケーションなどで仕事を通じて溝ができる可能性もあります。

2つ目は、日本人スタッフと直接仕事をするローカルスタッフは高いポジションであることが多いので、日本で言うところの早慶や東大出身の人がゴロゴロいてそれに合わせて英語力も高くなってきます。

なので、英語力は高いに越したことはないですが最低でもTOEIC600点ぐらいの教養レベルと間違いはありながらも、自然なコミニケーションを行うことができるレベルには到達しておきたいところです。

 

 

働くフィリピン人の英語力はピンキリ

フィリピン人の英語力や訛りってどうなの?フィリピンに7年住んだ私がお答えします!の記事で詳しく書いていますが、フィリピン人の英語力はピンキリです。

世界で3番目に英語を話す人口が多く国民の8割以上の人が英語を話すことができ、またアジアではシンガポールに次いで高い英語力を誇るフィリピンですが、実際は学歴によってかなりの差がでます。

工場勤務の方やローカルレストラン、タクシーの運転手などはむしろタガログ語で話したほうが通じるぐらいで、タグリッシュといって英語とタガログ語を交えて話すのが普通です。

一方で外資系のオフィスで働くフィリピン人はネイティブに近い英語力を持つ人も珍しくありません。

僕はフィリピンの英語業界で7年間働いていましたが、ローカルスタッフはネイティブとほぼ変わらない英語力を持っている方がたくさんいました。

 

 

フィリピン勤務を始める前にやっておきたいこと

やはり英語力の向上になりますが、TOEICや英検の点数ばかりに注力するよりも実践レベルの英語力をできるだけあげたほうがいいです。

なぜなら基本的に会社は即戦力を求めているので点数だけの英語力より実際に使える英語力(面接でもそこを見られます)を持っていた方が助かるわけです。

TOEICをある程度、例えば600点以上取得したらそこからは下記ボックスでおすすめしているようなオンライン英会話スクールなどでどんどん話すアプトプットをしていくことをオススメします。

格安英会話スクールなら下記3つがオススメ

またグローバルで使える英語力に特化したトレーニングを弊社でもレベル表に沿って提供しているのでぜひご興味あればRYO英会話ってなに?よりご覧ください。

 

 

目指すは使える綺麗な英語と日常レベルのタガログ語

フィリピン勤務に慣れてくると、フィリピン人の寛大さと理解力の大きさもありブロークンな英語で妥協したり、現地の人が話すタグリッシュ(英語とタガログ語を混ぜた言葉)を話すようになったりする人がいますが、できるだけそうなるのは避けましょう。

英語力が高いほど給与の幅も高くなりますのでフィリピンでのキャリアアップや今後シンガポールやアメリカでも勤務してみたいと考えているのならとことん英語力をあげましょう。

2013年の統計になりますが過去にアメリカのGlobal English社による統計でフィリピンの英語ビジネス運用力が78カ国中1位を取っているほどなので、よい意味で利用して是非ローカルスタッフとたくさんコミュニケーションをとって仕事でもプライベートでもどんどん良い関係を構築していきましょう。

あと、タガログ語を話せるとさらに良いです。

残念ながら僕はほとんどタガログ語を話すことはありませんでしたが、今思うと日常レベルのタガログ語は話せておいたほうがよかったと後悔しています。

なぜならタガログ語はフィリピンの人にとって部屋着で英語は仕事着です。

外国人が部屋着用の言葉である現地語を話せると心をどんどん開いてくれるので、信頼関係が一気に高まること間違いありません。

ただし逆に仲良くなりすぎると緊張感がなくなり仕事に影響する可能性もあるのでその辺りのバランスは気をつけておきたいところです。

是非勤務している間に少しずつ覚えていきましょう。

 

 

オススメの現地日系人材派遣会社

フィリピンの現地採用で働く場合、能動的に就職活動をしていくなら上記の3つを活用しましょう。

求人募集をみれば気づくと思いますが英語力が高いほど給与額の幅も広くなります。

紹介料に関しては会社側が負担するのでこちらは一切支払わなくてよいです。

個人的にはSAGASSが一番オススメです。

一緒に働いていた友人もSAGASSを利用していた人が多かったというのもありますが個人的にもSAGASSを利用してよい仕事を紹介していただきました。

またフィリピン6年目には自分が所属していた部署の人材採用も手伝った経験からSAGASSは企業と人材のマッチングをしっかりしていることもあるのでSAGASSを通して面接にくる人はプロフェッショナルな人が多く、逆にプライマーの求人掲示板からの人は結構良い加減な人(面接をドタキャンするとかw)が多かったです。

そういった理由からSAGASSを一番オススメします。

 

 


 

最後間で読んでいただきありがとうございました。

以上が、フィリピン現地採用だと英語力はどのくらい必要?【TOEICスコアと実践レベルで分析】でした。

それでは、See you around!

 

 

英語力が必要な職業41選【教養レベル(TOIEC、英検)と実践レベルで分析】

2019.03.28

【2019年度】ワーホリで行ける22カ国一挙公開

2019.01.29

「いいね!」で
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中