フィリピン人の英語力や訛りってどうなの?フィリピンに7年住んだ私がお答えします!

こんばんは、リョウです。

今日は、フィリピンの方の英語力や訛りについてお話したいと思います。

特にフィリピンで語学留学やオンラインスクールを検討されている方、またフィリピンで勤務しようと考えている方は、ご参考にしていただけると嬉しいです。

僕自身、フィリピンで7年間働いていたので、その経験も踏まえて語っています。

なので、限りなくリアルに近い内容かと思います。

それでは、まいりましょう。

 

 

フィリピンでは英語が公用語だけど、実際はどう?

フィリピンでは、人口の80%の人が英語を話すと言われています。

さらに、アメリカ、インドについで世界で3番目に英語を話す人口がおおいのです。

そして、アジアではもちろんNo.1の英語圏です。

英語圏として有名なイギリスやカナダも割合でみると、もちろんフィリピンを上回りますが、人口でいうと、フィリピンが上位に位置します。

なぜ、ここまで英語を話す人が多いのでしょうか。

それは、1898年にアメリカによる植民地化が進み、そこで徹底的に英語教育がおこなれました。

そして、その後もグローバル社会により英語教育が根付いているといった状況です。

くわしくは、ウィキペディアの国別英語話者ランキングよりどうぞ。

で、7年間フィリピンに住んでみて実際はどうなのってところですが、

統計通り、ほとんどの人が英語を話せます。

ただ、首都圏やある程度知名度のある都市に英語を話せる人が密集しているとった感じです。

あまり知られていない地域の田舎へ行くと、英語があまり通じないといったケースや、

英語を話せるけど、外国人と話すのは恥ずかしいという人が多かったです。

やはり、都市部で英語を使うことが多いので、そうなってしまうのでしょう。

 

 

基本的に、フィリピン訛りなの?

語学留学やフィリピン人講師のオンライン英会話を検討されている方は、気になるところ。

7年住んだ経験から言うと、フィリピン訛りなしで話す人はほんの一部。

そういった一部の人たちが外資系企業に勤めています。

それも特に、外資のコールセンターや英会話スクールに限られます。

それ以外の人は、ほとんどの確率でフィリイピン訛りの英語でしょう。

以前、僕はフィリピンで日系企業のITゲーム会社で通訳をしていたことがありました。

そこにいたほとんどのフィリピン人従業員が、強めのフィリピン訛りの英語を話していました。

だから、理解するのに最初は苦労しました。

オンライン英会話スクールや語学学校のフィリピン人講師の多くが、ニュートラルな英語を話せるのは、80%の英語話者の中でも、かなり厳選された人材だからということです。

 

 

教育水準によって大きく変わる?

また、教育水準によっても英語力は大きく変わります。

フィリピンでは、基本的に学校ではすべての教科を英語で教えます

合わせて、別に国語として、母国語であるタガログ語を習得していきます。

講師IVANの姪っ子も宿題は全部英語でやっていたり、また会話をするときも基本的に英語です。

しかし、大学を卒業していない人たちは、英語で話すことに慣れていない人が比較的多く、どちらかというとブロークンな英語を話す人も多いのが現実です。

ただ、多くのフィリピン人がリスニング力に、基本的に長けていると感じました。

例えば、初めて、フィリピンの映画館に行ったときは、びっくりしました。

映画館ではハリウッド映画をたくさん上映していますが、すべて字幕なしで、大方理解できます。

俳優さんのセリフを聞いて笑ったり、コメントを返したり、本当に見入っていたのです。

あんなに早いアメリカ英語をいとも簡単に理解しているようでした。

こういった経験から、大半の人が英語を聞いてしっかりと理解できると考えられます。

 

 

英語が話せないと就職先が見つからない

結論的にいうと、英語が話せないと就職先が見つかりません。

そういった意味で、フィリピンでは超学歴社会です。

教育水準の高い人は、基本的によい大学に行っているので、英語をとても流暢に話せます。

グローバル社会による英語の需要に合わせ、首都圏には多くのアメリカやヨーロッパの外資系企業が集中しています。

さらに韓国や日本資本による語学学校やオンラインスクールも最近多くなってきました。

そういった拝見もあり、外資系企業なしでは、国内の経済が成り立たないとまで言われています。

さらに、フィリピンでは海外への出稼ぎ労働者(OFW: Overseas Filipino Workers)も多いことで有名です。

統計によると海外で働いているフィリピン人は全体で1000万人だそうです。

人口が1億人程度なので、およそ10人に1人は、海外で働ていることになります。

だから、英語能力が高くないと就職先が見つからないという現状です。

首都圏で働くにしても、高い英語力がないと、高額給与を稼ぐことができる外資系企業には入れません。

また、海外で働くにしても、オーストラリアやカナダ、デンマークで働くフィリピン人が多いと言われていますが、英語力が高くなければ、そういった国で働くこともできません。

英語力が高くなくても、就職先はありますが、やはりお給与が低くなってしまうわけです。

だから、学歴が高くないとよい就職先が見つからないとも言えます。

 

 

海外企業からのアウトソーシングNo.1

フィリピンで、一番栄えている産業といえば、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)です。

つまり、BPOとは、自社の業務プロセスを外部企業に委託することを指します。

フィリピンの場合、アメリカや海外企業からのコールセンター業務を請け負っています。

大学を卒業した人の大半がこのコールセンターに就職か、日本や韓国、中国人向けのオンラインスクールや語学学校に就職するのが、一般的になりつつあります。

個人的な経験では、コールセンターから、英会話業界に流れてくる人がたくさんいます。

なぜなら、コールセンターでの勤務は時差の影響もあり、基本的に夜勤が普通です。

健康的にあまりよくないので、平日勤務ができ、お給料も平均より高めの語学学校やオンライン英会話スクールに就職する人たちが、近年増えています。

 

 

グローバルで通用する英語に最適!

僕は、RYO英会話ジムを通して、フィリピン英語を日本だけに限らず、近い将来的に海外へも広げたいと思っています。

なぜなら、それはグローバル社会で通用する英語力だからです。

それを証明する調査が、2013年に、アメリカのGlobal English社で行われました。

調査の内容は、78カ国137000人を対象とした、英語によるビジネス運用力を計測したものです。

つまり、様々な産業で働く従業員の「職場で使用する英語力」。

それで、なんとフィリピンはアメリカを抜いて1位です。

詳しくは、こちら15枚のPDFよりどうぞ。

 

 

第2言語を話す人の気持ちがわかる?

フィリピンの人は、第2言語を話す人の気持ちがわかるとよく言われています。

母国語以外に他言語を駆使して、国内や国外で使っていることもあり、第二言語として話す人の気持ちは、英語を母国語とするアメリカやイギリス、オーストラリアの人たちより間違いなく高いです。

特に英語業界で働いているフィリピンの方は、そうです。

初心者の方の英語力でも、言いたいことをしっかりと汲み取って理解したり、いつも明るく話しやすい空間を作ってくれます。

これも、第二言語として英語を使ってからわかる、相手への配慮でしょう。

 

 

ネイティブより、話すスピードが遅い?

英語力に関してさらにいうと、フィリピンの方の英語は、ネイティブ話者よりスピードが遅いです。

またアメリカ人がよく使うようなスラングやイディオムもあまり使いません。

だから、聞きやすいのです

特に、英会話初心者の方は、フィリピンで語学留学やオンラインスクールで勉強することを断然オススメします。

僕自身、今ではネイティブの人とも問題なくスムーズに話せますが、これも最初にフィリピンで語学留学をして、基礎の英語をしっかりと聞き取って話せるようになったからです。

初めから、アメリカやイギリスなどの本場英語圏に行っていたら、周りの英語力についていけず、きっと挫折していたのではないかと思います。

 

 

最後に

長々とお話してしまいましたが、フィリピンの方の英語力について、ある程度イメージできましたでしょうか。

もし、今後オンラインスクールや語学留学をしようと考えてる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

不明点や懸念点等ご相談させていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、See you around!

 

 

TOEICスコア別の必須単語数と英語を話すのに最低限、必要な単語数を見比べよう

2018.06.07

グローバル社会で求められる英語力を身につけるために必要な6つの要素

2018.05.13

「英語をマジで流暢に話せるようになりたい!」と思っているあなたへ聞きたい6つの質問

2018.04.19

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中