場面で使い分ける!ビジネスで「したい」の英語表現4選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日はビジネスシーンで使える「したい」という表現を5つご紹介したいと思います。この記事を読めばさらに英語感覚が高まり細かいニュアンスまで伝えることができるようになります。それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

仮定法の”would”のニュアンスを知ろう

まず、5つの表現を紹介する前に、”would”について触れる必要があります。なぜかというと、この”would”がビジネスで使う「したい」というニュアンス理解のカギを握っています。”would”は”will”の過去形です。過去形には3つの使い方があります。下記の3つを見てみましょう。

wouldの用法
  1. 時間的な距離、つまり過去の話の「〜した」
  2. 現実的な距離、つまり非現実的な話の「〜だろう」
  3. 心理的な距離、つまり上司や目上の人への言葉使い

ビジネスシーンで使われる”would”は3つの過去形を使っています。今回紹介するフレーズの5つのうち3つは”would”が使われています。

 

 

1. 積極的に伝える”would love to 〜”

”love”「大好きである」を”would”の後ろに持ってくることで、積極性を表して「ぜひ〜したいです。」という意味になります。カジュアルな表現でいうと、”I really want to 〜.”や”Let’s 〜.”に当たります。相手の誘いに同意するときや、丁寧に断るときによく使います。

  • 誘いに同意
マイク
Would you like to go for a drink after work?
仕事の後に一杯でもどうですか?
リョウ
I’d love to.
ぜひ。

※to不定詞の後にくる動詞が明確であれば、省略するのが普通です。

 

 

 

  • 誘いを断る
ナオミ
Are you coming to the year-end party?
忘年会にはくるの?
アイヴァン
I’d love to go, but I can’t.
ぜひ行きたいんだけど、参加できないわ。

 

 

 

2. 控えめに、”would like to 〜”

“want to 〜”はカジュアルで直接的な希望や願望になりますが、”like to 〜”の直前に”would”をつけることによって、「(できれば)〜したいのですが。」と表現することができます。ちなみに、こちらも誘いを同意するときやその断りを入れるときに使えます。

  • 電話で
スタローン
How may I help you?
ご用件をお伺いします。
マイク
I’d like to book a double room for Saturday.
土曜日にダブルルームを予約したいのですが。

 

 

 

上司に

リョウ
Excuse me, sir. I would like to confirm the date of our next meeting.
すみません。次のミーティングの日程を確認したいのですが。
スタローン
Sure, let me check my schedule.
もちろん、スケジュールを確認させて。

 

 

 

3. さらに控えめに、”would be glad to 〜”/”hope to 〜”

“I would like to 〜.”よりさらに控えめに伝えるなら、”would be glad to 〜”とhope to 〜”を使いましょう。

マイク
I would be glad to hear from you soon.
すぐにお返事いただけるとうれしいです。

 

 

 

マイク
I hope to see you again.
またお会いできるとうれしいです。

 

 

 

4. 遠回しに、”be interested in 〜.”

こちらは、英語をやっていたら一度は聞いたことのフレーズかと思います。実は、こちらは「したい」という遠回しな表現として使うことができます。「〜に興味を持っている」ということは、「したい」ということへつながります。副詞”very”や”very much”をつければ、興味を持っていることを強調されて、「ぜひ〜したいです。」という意味としても使うこともできます。

マイク
I’m very much interested in your products.
御社の商品をぜひ拝見したいのですが。

 

 

 

「したい」に関連する記事

勧誘にも使える”Do you want to 〜?”の意味と使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がビジネスシーンで使える「したい」のフレーズ5選でした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。