ビジネスで使える「〜することにした」の英語表現3選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、【完全版】「〜することにした」の英語表現3選とその使い方についてお話します。この記事を読めば、表現力がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

be going to 〜

ナオミ
Tomorrow we are going to have a meeting. 
明日会議をすることになったよ。

 

予定を表現するフレーズとして”be going to”はよく知っているかと思いますが、「〜する予定だ」という意味だけでなく「〜することになった」という意味でも例文のように使うことができます。また”be going to”よりさらに確実性の高い予定に対しては、現在進行形で表現することもできますよ。

マイク
I’m meeting Ryo. (すでに出かける用意をしている)
リョウに会うことになったんだ。

 

 

decided to 〜

スタローン
I decided to go to the reunion party.
同窓会に行くことにしたよ。

 

“decided to 〜”は「〜することを決めた」や「〜することにした」という意味で自分の意志を強調したいときに使われます。もしたった今決断したことを強調したいのであれば、現在完了形を使って”have decided 〜”を使うとより自然な会話になりますよ。

マイク
We’ve just decided to go for drinks at the last minute.
急遽飲みにいくことにしたんだ。

 

 

ended up doing 〜

リョウ
Actually I ended up spending the night in the airport.
実は空港の中で一夜を過ごすことになったんだ。

 

“end up doing 〜”も「〜することになった」という意味で使えますが、例文のように最終的に予想外のことが起こったときに使われます。なので「結局〜した」と訳すことも多いです。

マイク
I ended up not buying anything.
結局何も買わなかったんだ。

 

 

「未来」に関連する記事

未来を表す万能フレーズ!”gonna”の意味と使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、ビジネスで使える!「〜することにした」の英語表現3選とその使い方でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。