ネイティブ発音の”interesting”が聞き取れないのはなぜ?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は”interesting”のネイティブ発音についてお話します。この記事を読めば、今日からスムーズにネイティブが発音する”interesting”を聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

“t”の音が消えて「イナレスティン」

ナオミ
I watched the movie “Catch Me If You Can.” It’s based on true story.
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」を見たよ。実話なんだよ。
マイク
That sounds interesting. Can I borrow the movie?
面白そうだね。その映画借りてもいい?

 

 

学校では、「インタレスティング」と発音するように習ったかと思いますが、ネイティブは早口になるとよく「イナレスティン」と発音します。”interesting”の”nt”の組み合わせがあるとき“t”の音が消えやすくなり、また“interesting”の”g”までしっかりと発音することはなく”n”の音で終わります。必ずしも学校で習った「インタレスティング」と発音するわけではないことを押さえておきましょう。

 

“interested”の場合はどうなるの?

また「興味がある」という意味でよく使われる”interested”も同じように、”t”の音が消えて、「イナレスティッド」のように発音します。

 

 

“international”をネイティブ発音で言うと?

“international”は”interesting”や”interested”と同じ仲間で”t”の発音が消えることでどのように発音されるかもう予想がつきますね。そうです「イナナショナル」のように発音します。

マイク
 This is an international community.
これは国際的なコミュニティーだよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”interesting”のネイティブ発音でした。それでは、また会いましょう。

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。