ネイティブ表現が身につく”or something”の意味と3つの使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日はネイティブが頻繁に言う”or something”の3つの使い方についてご紹介します。

これら3つの使い方を知ってアウトプットすることでネイティブ感覚に近づいていけます。

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

誘うときに相手に選択肢を与える

ネイティブは相手に選択肢を与えつつ、誘いたいときに、”or something”を使います。マイクが何か言っているので聞いてみましょう。

マイク
Do you wanna see a movie or something?
映画か何か見たい?

 

ただ単に、”Do you wanna see a movie?”「映画見ない?」と誘うのではなく、「映画か何か」と聞くことで、映画以外のものを選択してもいいよ、と相手に選ぶスペースを与えることができます。

 

 

断定をさけてぼかしたい

相手に何かを伝えるときに、断定せずにちょっとぼかしたいときありますよね。マイクとリョウが何か話しているので聞いてみましょう。

マイク
What is Ivan doing now?
イヴァンは今何してるの?
リョウ
I’m not sure. Maybe she’s cleaning the bathroom or something.
わからない。たぶんトイレか何か掃除しているんじゃないかな。

 

このようにトイレ掃除をしていると相手に断定していうのではなくぼかしたいときにもこの”or something”が使えます。便利!

 

 

確信がもてない

では、最後です。相手に質問するときに確信がもてないときにも”or something”が使えます。ではマイクとリョウの会話を聞いてみましょう。

リョウ
Why are you packing up? Are you going on a trip or something?
なんで荷造りしてるの?旅行かなんかに行くの?
マイク
No, I’m not. I’m just visiting my parents for a few days.
いや、ちがうよ。数日間両親に会いにいくんだ。

 

このように、自分の質問に対していまいち自信がもてなかったり、確信がないときにも使えちゃいます。

 

 

まとめ

では、まとめで再度”or something”の使い方をおさらいしましょう。

  • “Do you want to see a movie or something?” 誘うときに選択肢を与えるとき
  • “She’s cleaning the bathroom or something.”断定を避けてぼかしたいとき
  • “Are you going on a trip or something?”質問するときに確信がもてないとき

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”or something”の3つの使い方でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。