ネイティブが頻繁に使う”freaking”の意味とその使い方【強調やイライラに】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はネイティブが頻繁に使う”freaking”の意味とその使い方【強調やイライラに】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

ネイティブが頻繁に使う”freaking”の意味とその使い方【強調やイライラに】

強調したいとき

ある同僚について…

アイヴァン
He was freaking late today.
今日彼はとても遅れたわ。

 

ある友人について…

マイク
He’s freaking weird.
彼ってかなり変だよ。

 

イライラしたとき

同僚が大事な書類を無くしたと言っていて…

ウィル
Are you freaking kidding me?
冗談でしょ?

 

友人がいつも俺はかしこい風で話すので…

スタローン
You think you are freaking so smart, don’t you?
自分のことすごい賢いと思ってるでしょ?

 

いかがでしたでしょうか。freakingは副詞(形容詞や副詞を修飾)で「とても」という意味で、英語だとveryやsoにあたりますが、修飾する単語(アンダーラインの部分)を感情的に驚きやイライラなどを強調したいときに使います。イライラしている場合には、例文3と4のように「とても」と訳すことはありませんが、聞き手にはイライラされているということが伝わるでしょう。主に使われる国としてはアメリカでとてもカジュアル(いわゆるスラング)な表現となります。ですので使う相手や場面には注意しましょう。

すでに映画などでよく耳にする言葉でfucking 〜というのがありますが、これより丁寧にしたのが今回紹介しているfreakingというフレーズです。

アイヴァン
He’s fucking awesome.
彼は超最高だよ!

 

個人的にはfuckingという強調語は使わないのをおすすめしますが、どうしてもそのようなニュアンスで言いたい場合はfreakingを使うようにしましょう。以下はグーグルで調査したfreakingでの使用頻度です。近年よく使われているのがわかります。

 

 

形容詞としても使う

副詞として使えると言いましたが、形容詞(名詞を修飾)として使うことができます。以下例文を見てみましょう。

意地悪なことばかり言う友人へ….

ナオミ
You’re getting on my freaking nerves.
本当にイライラさせるね。

 

このようにあるのとないので大きな違いはなさそうですが、freakingをつけることでnerves「神経」という単語を感情的に強調することができるのです。

 

 

freakingに関連する記事

洋画でよく聞く”freak out”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がネイティブが頻繁に使う”freaking”の意味とその使い方【強調やイライラに】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コンサル型のジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出