ネイティブ発音の”would”が聞き取れないのはなぜ?今日からは、これらのネイティブ発音がサラッと聞き取れるようになる!

ネイティブが発音する”I would”を聞き取るには、”would”の音が変化するのを知っておく必要があります。

まずは、二人の会話を会話を聞いてみましょう。

リョウ
Do you know if Ivan’s joining our Christmas party?
アイバンがクリスマスパーティーに参加するか知ってる?
マイク
She said that she would join it.
彼女は参加するって言ってたよ。

 

 

 

“would”の”w”が消えて、「ド」になる

ネイティブが普通に発音すると、”would”「ウド」の”w”が消えて、「ド」だけになります。今回紹介している”she would”の場合は、「シー ウド」ではなく、「シード」のような発音になります。

 

 

“I had”の省略も同じ音になるので、注意!

少しややこしいですが、”I had”を省略すると”I’d”と同じ形で使うことができます。見分け方は、文の形と文脈からの判断になります。

よく使われる形は、”I had + 過去分詞”を省略して、”I’d + 過去分詞”と言うことです。これは、過去完了形と呼ばれる形で、過去を基点に完了形(経験、完了、継続、結果)を伝えたい時に使います。

 

リョウ
When my friend called me, I’d just finished work.
友人が私に電話したとき、ちょうど仕事を終えたところだった。

 

 

 

その他のパターン、”he/I/You would”の音も音読しよう

その他のパターンの例文を作ったので、それぞれ聞いて音読してみましょう。

リョウ
I thought you’d like it.
君はそれが好きだと思った。

 

 

 

リョウ
I’d rather stay home than go out.
外出するより家にいるほうがいいな。

 

 

 

マイク
He’d be back in 10 minutes.
彼は10分後に戻ってくるでしょう。

 

 

 


 

以上が、”would”のネイティブ発音方法でした。何度も音読して、口に馴染ませましょう。それでは、See you next time!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。