音が消える!”wanted to”のネイティブ発音方法

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、ネイティブが発音する”wanted to”についてお話します。

この記事を読めば、”wanted to”のネイティブ発音を簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”wanted to”を聞き取るには、”wanted”の”d”が”t”の音の影響を受けることを認識する必要があります。まずは二人の会話を見てみましょう!Here we go!

パーティーの話になって…

リョウ
It was a lot of fun last Friday. Why didn’t you come?
先週の金曜日はすごく楽しかったよ。なんで来なかったの?
マイク
I wanted to join you guys, but I had to work overtime.
参加したかったんだけど、残業があってね。

 

 

 

「ワンティットゥ」となる

“wanted”「ワンティッド」とは聞こえないのがわかりましたか?なぜかというと、“wanted”“d”の音が後ろの“t”の音の影響で、抜け落ちてしまいます。つまり「ワンティッ」まで言って“d”は発音せずに、そのまま“to”をくっつけて「トゥ」と伸ばします。繋げて言うと「ワンティットゥ」のように発音します。

 

 

早口だと「ワンネットゥ」になる

早口になると、“wanted to”の最初の“t”が抜け落ちて「ワンネットゥ」のようになります。それではいくつか例文を聞いてみましょう。

好きな人へ…

マイク
I wanted to talk to you.
君と話したかったよ。

 

 

 

昇進したことを彼女に伝え…

リョウ
I wanted to let you know.
君に知らせたかったんだ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、音が消える!”wanted to”のネイティブ発音方法でした。

何度も繰り返して練習してみましょうね。

それでは、See you again!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。