音が変化する!”used to”のネイティブ発音方法

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、”used to”のネイティブ発音についてお話しします。

この記事を読めば、今日からネイティブの”used to”が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”used to”を聞き取るには、”used”の”ed”と”to”の”t”の音のつながりを意識する必要があります。まずは二人の会話を聞いてみましょう。

リョウ
Do you often hang out with Naomi?
ナオミとよく遊ぶの?
アイヴァン
Not really. But we used to hang out often. Why?
そんなに。でも以前よく遊んでたよ。なんで?

 

 

 

“used to ~”をおさらい

まず”used to 〜”の意味をおさらいしておきましょう。toの後に原形の動詞を伴って「以前はよく〜した」という意味で使われる助動詞でしたね。

 

 

「ユーストゥー」と「ユースタ」

“used”「ユースト」の”ed”「ト」が隣の”to”「トゥー」の音に似ているのでネイティブはそのままくっつけて「ユーストゥー」と発音します。そしてさらに早口になると”to”の音が「タ」になり、「ユースタ」のように発音します。

それでは早口バーションも聞いてみましょう。

アイヴァン
Does your husband smoke?
あなたの旦那さんはタバコを吸いますか?
ナオミ
No, he doesn’t. But he used to smoke every day.
吸わないよ。でも以前は毎日タバコを吸っていたわ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、音が変化する!”used to”のネイティブ発音方法でした。

それぞれのパターンを聞き取ることはできたでしょうか。

それでは、また会いましょう!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。