ネイティブはこう発音する!”should have”が聞き取れいないのはなぜ?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”should have”のネイティブ発音についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブが発音する”should have”が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

まずは二人の会話を見てみましょう!Here we go!

ネイティブが発音する”should have”を聞き取るには、”should”の”d”と”have”の”a”の音が繋がることを認識する必要があります。

 

リョウ
You look so sleepy today.
今日すごく眠そうだね。
マイク
Yeah, I couldn’t help watching a movie and stayed late till around 4 after all.
うん、映画を見ちゃって、結局4時まで夜更かししてしまったんだ。
リョウ
4!? That’s crazy.  You should’ve slept earlier.
4時!?それやばいね。もっと早く寝るべきだったね。

 

 

 

“should have 〜”の意味をおさらいしておこう

“should have”は2つ意味があります。

1つ目は、過去の出来事を推測して「〜したはずだった。」という意味です。

そして2つ目が、今回紹介している意味になりますが、「〜するべきだった。」という後悔の意味を込めて使われます。

ちなみに「~」の部分には必ず過去分詞がくる形となります。

 

 

「シュダブ」のような音になる

いかがでしたか?「シュドハブ」ではなく、もっと短く聞こえたのではないでしょうか。

ネイティブが自然に発音すると、まず”have”の”h”が消えます。

残った形は”ave”「アブ」となりますが、これを”should”とくっつけると、「シュダブ」のように発音します。

“should”の”d”と”ave”の”a”がくっついて「ダ」という音になるのがわかりますね。

 

 

例文の音声を聞きながら声に出して真似てみよう

それでは、できるだけ発音を真似して口に馴染ませる練習をしましょう。

 

リョウ
I should’ve known that.
それを知っておくべきだった。

 

 

 

リョウ
I should’ve told you that.
それを君に伝えておくべきだったよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”should have”のネイティブ発音についてでした。

また何度も口に馴染むまで音読しましょう。

それでは、See you again!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。