ネイティブが発音する”in an hour”がなぜ聞き取れない?今日からは「インアンアワー」を卒業しよう!

ネイティブが発音する”in an hour”を聞き取るには、それぞれ単語の音のつながりを認識する必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

マイク
I got a call from my client. Sorry, I have to go to the office now.
クライアントからの電話だったよ。ごめん、今から事務所にいかないといけないんだ。
ナオミ
All right. What time will you be back?
わかった。何時に戻ってくるの?
マイク
I’ll be back in an hour.
一時間ごに戻ってくるよ。

 

 

 

「イナナワー」

いかがでしたか?「インアンアワー」とは違って聞こえたのではないでしょうか。ネイティブが自然に発音すると上の会話のように「イナナワー」という音になるので、普段「インアンアワー」で認識していると、知っているのに聞き取れないという現象が起こってしまいます。

どういう風に繋がっているかというと、まず“in”“n”“an”“a”がくっついて「イナ」となります。

そして、“an”“n”“hour”“ho”がくっついて「ナ」という音になり、続けていうと「イナナワー」という発音になるのです。

 

 

下記例文の音声を聞きながら練習してみましょう!

それでは、音声を聞いて音を真似してみましょう。

 

リョウ
I’ll finish my work in an hour.
一時間後に仕事を終わらせます。

 

 

 

リョウ
I’ll go out in an hour.
一時間後に出かけます。

 

 

 


 

ネイティブのように発音することができましたか?初めのうちは口に馴染まないので、何回か繰り返して練習しましょう。それでは、See you again!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。