ネイティブが発音する”gotta”「ガラ」って何?まずは”have got to 〜”の意味を知って、ネイティブ発音を身につけよう!

ネイティブが発音する”have got to”を聞き取るには、”have”の音が消えることや”t”の音が変化することを知る必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう!

リョウ
I have got to go now. Nice talking to you.
もう行かなきゃ。話せてよかったよ。
ロバート
Likewise. See you around.
こちらこそ。またね。

 

 

 

have got to”の意味

いかがでしたか?まったく違って聞こえたのではないでしょうか。こちらの意味ですが、義務を表す”have to 〜”と同じ意味で、「〜しなければいけない」ってときに使います。

じゃあ、何が違うのかというと“have got to 〜”のほうがくだけた表現となります。

発音について軽く説明する前に、まずこの表現自体聞きなれないと感じたかたもいるかと思いますが、ネイティブはバンバン使っています。アメリカ映画では日常茶飯事のように聞こえてきます。

 

 

“have”の音が消え、”t”の音が変化する

では本題に入りますが、もともとは、「ハブゴットゥー」と発音するのですが、ネイティブはまったく違った発音をします。

ネイティブが早口にこれを発音すると、まず“have”が消えます。そうすると、残ったのは、“got to”になりますね。以前投稿した記事にも書いたんですが、“t”が母音にサンドイッチされるとラ行の音に変化します。

よく見ると“t”が母音“o”に囲まれてますよね。ということは、「ガラ」のように発音するわけです。

 

 

音声では、早口バージョンです

早口になった場合のスペルは“gotta”となります。上は会話では、あえてオリジナルの形である”have got to”を使っていますが、音声では、早口バージョンの“gotta”を使っています。

混乱させてしまってたらごめんさない。

 

 

ネイティブが自然に発音すると?

早口ではなくて、ネイティブが自然に発音した場合の音声も聞いてみましょう。それでは、Here we go!

 

リョウ
I broke up with my girlfriend last night.
昨晩彼女と別れたんだ。
ナオミ
You‘ve got to be kidding! What happened?
冗談でしょ!どうしたの?

 

 

 

“have”の音が残り、”t”の音が一つになる

いかがでしたか?わりかし原型からそこまで違って聞こえなかったと思います。まず、“have”が省略されて“ve”「ヴ」という音になります。そして、“got”“t”“to”“t”が一緒に発音されて、「ゴットゥー」となります。

合わせると、「ヴゴットゥー」のように発音します。

 

例文の音声を聞いて真似してみよう!

 

リョウ
I gotta go to work now.
仕事に行かなきゃ。

 

 

 

リョウ
I‘ve got to loose some weight.
痩せないと。

 

 

 


 

いかがでしたか?少々長くなってしまいましたが、くだけた会話を聞き取るにはこういった発音を理解することがかかせませんよ。それでは、See you again!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。