ネイティブはこう発音する!”good time”や”hard time”が聞き取れないのはなぜ?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”good time”や”hard time”のネイティブ発音についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブが発音する”good time”や”hard time”が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”good time”や”hard time”を聞き取るには、”d”の音が消えることを知っておく必要があります。

まずは二人の会話を聞いてみましょう!

マイク
I really had a good time. Well, I have to go now.
楽しい時間だったよ。それじゃ、もう行くわ。
リョウ
Likewise. See you soon buddy.
こちらこそ。またな。

 

 

 

マイク
I’m having a hard time getting along with my boss.
上司とうまくやるのに苦労してるんだ。
リョウ
That sounds tough. What’s he like?
大変そうだね。彼ってどんな人なの?

 

 

似たような音同士の”d”「デゥ」と”t”「テゥ」が続くと?

似たような音同士の”d”と”t”が続くと、”d”の音が消えます。上の会話を聞いてわかったと思いますが、「グッドタイム」とは言わず、「グッタイム」のように発音します。

または、”hard time”も「ハードタイム」ではなく、「ハータイム」のように発音します。

 

 

“good to”や”hard to”も同じ要領で

会話でよく使われる形ですが、”It’s good to 〜.”や”It’s hard to 〜.”と言うことがあります。こちらも同じように、”d”の音が消えた形で発音します。

それでは、下の例文を聞いてみましょう。

リョウ
It’s good to jog sometimes.
たまにジョギングをすることはいいことだ。

 

 

 

リョウ
It’s hard to speak English as fluently as you do.
君のように流暢に英語を話すのは難しい。

 

 

 

それぞれ例文の音を聞いて、わかったと思いますが、”good to”は「グットゥー」、”hard to”は「ハートゥー」となります。この発音の仕方を知っているのと知らないのでは、リスニング力に差が出てくるでしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”good time”や”hard time”のネイティブ発音についてでした。

普段知っている何気ない単語でも、このように発音すればネイティブのような英語になります。

それでは、See you again!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。