ネイティブはこう発音する!”going to”がなぜ聞き取れない?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、ネイティブが発音する”going to”についてお話します。

この記事を読めば、”going to”のネイティブ発音が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

マイク
What are you gonna do this weekend?
今週末は何をする予定?
リョウ
I’m gonna go visit my parents in Nagoya.
名古屋にいる両親に会いに行くんだ。

 

 

 

“going to”とは全く違って聞こえたかと思います。

“gonna”という形を知らなかったら、何を言っているのか理解できないですよね。

 

 

“gonna”になるのは、to不定詞がくるとき

本題に入る前に、この”going to”が”gonna”になるのは”to”がto以降が不定詞のときです。

つまり動詞の原形が続くときであって、”I’m going to bed.”のようにtoの後に名詞が来た場合は、“I’m gonna bed.”とは言いませんので気を付けましょう。”

 

 

“going to”を早口で言うと?

それでは本題ですが、ネイティブが発音する”going to”を聞き取るには、”ing to”の部分がまったく別の音に変わることを知る必要があります。

ネイティブが早口になると“going to”“gonna”「ゴナ」のように発音します。

詳しく言うと、“going”“i”が消えて、“gong”となり、“g”“to”が弱く発音されてくっつくことで、「ナ」”na”のような音になり、“gonna”となります。

この形は会話ではくだけた言い回しとして頻繁に使われますよ。

 

 



もう少し遅くなると?

“gonna”がもう少し遅くなるバージョンもあり、こちらも会話ではよく使うので紹介しておきますね。

個人的には“gonna”を使うことが圧倒的に多いですが、一般的に遅いバージョンも全然使う人はたくさんいます。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

リョウ
I’m going to sleep now.
もう寝るね。
マイク
All right. Good night.
はーい。おやすみ。

 

 

前者の発音の仕方を比べたら、まだ「ゴーイングトゥー」に近い発音だったのではないでしょうか。

こちら、”going”の”g”の音の影響を受けて、”to”が「ヌ」のような音に変化します。

つまり、「ゴーインヌ」のように発音します。

 

 

例文を聞きながら発音を真似してみよう!

それでは、例文を2つ用意したので音声を聞いて実際に声に出して練習してみましょう。

その際音をできるだけマネて発音することを意識してください。

リョウ
What are you gonna talk about?
何について話しますか?

 

 

リョウ
I’m going to go to the movies.
映画に行くつもりです。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、ネイティブはこう発音する!”going to”がなぜ聞き取れない?でした。

このパターンはかなり映画でも頻繁にでてくるので是非マスターして、ネイティブの発音がスラスラ聞けるようになっていきましょうね。

それでは、See you again!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。