ネイティブはこう発音する!”figure it out”がなぜ聞き取れない?

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、ネイティブが発音する”figure it out”についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブが発音する”figure it out”が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”figure it out”を聞き取るためには、”figure”の”r”と”it”の”i”、の音のつながりを認識する必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう。

アイヴァン
I don’t know how to solve this problem.
この問題の解き方がわからないよ。
リョウ
Let me figure it out.
私に解かせて。

 

 

 

「フィギャリ」

“figure out”という副詞”out”と一緒になった動詞ですが、意味はご存知でしたか?

会話ではよく使われる表現です。意味は、「理解する、解決する、計算する」となんと3つあります。

ちなみに、上の会話では「解決する」という意味を紹介しています。

本題ですが、まずはこの二つの単語から行きましょう。

“figure it”“re”“i”の音がくっついて「リ」と発音されます。

発音すると「フィギャーイット」から「フィギャリ」となります。

そして、“figure it out”“t”ですが、この両サイドをみると“i”“o”に囲まれていますよね。

このように”t”が母音に囲まれるとラの音に変化するという法則があります。

なので、「フィギャリラアウト」のように発音します。

 

 



例文の音声の聞きながら真似してみよう!

それでは、音声を聞きながら音を真似してみましょう。

 

リョウ
I can’t figure it out.
理解できないよ。

 

 

 

リョウ
It’s easy to figure it out.
それを解くのは簡単だよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

何度も繰り返して口に馴染ませていきましょう。

それでは、See you again!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。