ネイティブが発音する”figure it out”がなぜ聞き取れない?今日からは「フィギャーイットアウト」を卒業しよう!

ネイティブが発音する”figure it out”を聞き取るためには、”figure”の”r”と”it”の”i”、の音のつながりを認識する必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう。

アイヴァン
I don’t know how to solve this problem.
この問題の解き方がわからないよ。
リョウ
Let me figure it out.
私に解かせて。

 

 

 

「フィギャリ」

“figure out”という副詞”out”と一緒になった動詞ですが、意味はご存知でしたか?会話ではよく使われる表現です。意味は、「理解する、解決する、計算する」となんと3つあります。

ちなみに、上の会話では「解決する」という意味を紹介しています。

本題ですが、まずはこの二つの単語から行きましょう。“figure it”“re”“i”の音がくっついて「リ」と発音されます。発音すると「フィギャーイット」から「フィギャリ」となります。

そして、“figure it out”“t”ですが、この両サイドをみると“i”“o”に囲まれていますよね。このように”t”が母音に囲まれるとラの音に変化するという法則があります。

なので、「フィギャリラアウト」のように発音します。

 

 

例文の音声の聞きながら真似してみよう!

それでは、音声を聞きながら音を真似してみましょう。

 

リョウ
I can’t figure it out.
理解できないよ。

 

 

 

リョウ
It’s easy to figure it out.
それを解くのは簡単だよ。

 

 

 


 

いかがでしたか?何度も繰り返して口に馴染ませていきましょう。それでは、See you again!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。