今日からネイティブ発音!”and”の簡単発音方法

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”and”のネイティブ発音についてお話します。

この記事を読めば、ネイティブが発音する”and”が簡単に聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブが発音する”and”を聞き取るには、”and”の”a”や”d”の音が消えることを認識する必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう。Here we go!

マイク
I have nothing to do tomorrow.
明日何もやることないんだよな。
リョウ
Come and see me if you’re free afternoon.
もし明日のお昼暇なら、うちに来なよ。

 

 

 

「アン」という音になる

いかがでしたか?

and“d”の音が消えているのがわかりましたか?

もちろん、ネイティブは強調するときに「アンド」と発音することもありますが、普通、“and”“d”を消して「アン」と発音することが多いです。

上の会話の場合だと、「カムアンシーミー…」といった感じで発音します。

 

 

早口になるとさらに音が変化する!

さらに早口になると“and”“a”“d”が消えて「ン」という音だけになります。

実は文の内容上、andがなかったとしても意味は相手に伝わるので発音が弱くなるのです。

 

それでは二人の会話を聞いてみましょう。Here we go!

マイク
I’ll have ham and cheese, please.
ハムとチーズをいただきます。
ロバート
Right away, sir.
すぐにお持ちします。

 

 

“and”の”n”「ン」になっているのがわかりましたか?この場合だと、「ハムンチーズ」といった感じで発音されますよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”and”のネイティブ発音についてでした。

それぞれのパターンを聞き取れるようになるまで繰り返し聞いてくださいね。

それでは、See you again!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。