英語感覚がさらに増す!”be good at/in/with 〜”の違いと使い分け

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”be good at/in/with 〜”の違いと使い分けについてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらに増します。それではまいりましょう。

 

 

まずは、グラフで確認しよう

まずグーグル検索エンジンでそれぞれどれぐらい使われているか、調査してみたので見てみましょう。

“verb”が動名詞が来るということで、’noun”が名詞です。こうやってみると”be good at 動名詞”の形がもっとも使われているのが一目でわります。また同時に1960年代以降から”be good in”とは反対に、”be good at”の使い方が普及していますね。こうやってみると面白いですね。

 

 

動名詞が来るなら、”be good at 〜”だよ

ということで、グラフでの調査やネイティブの英語記事や経験から、答えを紐解くと動名詞が来るなら”be good at”を使うのが一番自然です。前置詞”at”以降には、あなたが得意とする行動を入れましょう。ではマイクに例文をいくつか言ってもらいましょう!

マイク
I’m good at solving problems.
問題を解決するのが得意です。

 

 

 

マイク
He is good at investing and starting companies.
彼は投資や会社を始めるのが得意だ。

 

 

 

マイク
He is good at painting.
彼は絵を描くのが得意です。

 

 

 

活動や専門的なスキルは、”be good at 〜”だよ

活動と言われてもピンときませんが、要はスポーツとか楽器、またある特定の分野の活動だと思ってください。それでは、リョウに例文をいくつか言ってもらいましょう。

リョウ
She is good at piano.
彼女はピアノが得意なんだ。

 

 

 

リョウ
He is good at baseball.
彼は野球が得意なんだ。

 

 

 

リョウ
He is good at design.
彼はデザインが得意なんだ。

 

 

 

学科は”be good at 〜”と”be good in 〜”

前置詞”at”や”in”のあとに学校で行われる学科がくるならどちらを使っても大丈夫です。

リョウ
I was good in/at math.
僕は数学が得意だったんだ。

 

 

 

リョウ
I was good in/at English.
僕は英語が得意だったんだ。

 

 

 

人や物を扱うのが得意は”be good with 〜”

最後になりますが人や物を扱うのが得意であることを伝えたいなら、前置詞”with”を使いましょう。それではアイヴァンに例文を言ってもらいましょう。

アイヴァン
I’m good with kids.
私は子供と接するのが得意だよ。

 

アイヴァン
He is good with money.
彼はお金を管理するのが得意なの。

 

 

得意に関連する記事

「〜が下手だ」の英語表現4選とその使い方【比較使用頻度もあり】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”be good at/in/with”の使い分けでした。何度か音読しながら、イメージが体に定着させましょう。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。