“You’re welcome”と”My pleasure”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は同じ意味としてよく紹介されている”You’re welcome.”と”My pleasure.”の違いと使い方について、お話したいと思います。どういった違いがあってどのように使い分けされるのかわからないと、モヤモヤしてなかなか気持ちよく使えません。なので今日はその辺りをスッキリしていただくためにこの記事を届けします。それではまいりましょう。

 

 

“You’re welcome.”と”My pleasure”の違い

ナオミ
Thank you for your help.
手伝ってくれてありがとう。
マイク
You’re welcome.
どういたしまして。

 

 

“You’re welcome.”は「どういたしまして」のもっともスタンダードな言い方です。おそらく英語にほとんど触れていない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。では、それと同じ意味として紹介される”My pleasure.”はどうでしょうか。”My pleasure”はネイティブがよく使うイディオム表現です。そして”You’re welcome.”に比べると、より丁寧な言い方です。”pleasure”には、喜びや満足という意味があります。他人からのお願いを喜んでやりましたよ、というニュアンスを含むので”You’re welcome.”より強調された表現でもあります。

隣人と話していて…

ナオミ
Thank you for taking John to the  movies the other day. 
先日はうちのジョンを映画に連れて行ってくれてありがとうございます。
マイク
My pleasure. I really enjoyed myself as well.
どういたしまして。私も楽しかったわ。

 

 

ちなみに、元々の形は“It was my pleasure.”になります。

 

 

“My pleasure”は、こんな使われ方もある

面接で…

リョウ
Thank you for taking the time to meet with me.
わざわざお時間を作っていただきありがとうございました。
スタローン
My pleasure.
どういたしまして。

 

 

もう一つ押さえておきたいことがあります。それは必ずしも”You’re welcome.”より強調して言いたいときに使われないこと。ただ単に丁寧な表現として使っているだけで、心から”pleasure”と思っていなくても使う人はたくさんいます。そこのところ、押さえておきましょう。

 

 

“You’re welcome”に関連した記事のご紹介

では最後に”You’re welcome”に関連した記事をご紹介させていただきます。あなたの今後の英語学習にお役立ていただければ幸いです。

“sure thing”の意味とその使い方

2020年2月11日

“It’s nothing.”の意味とその使い方

2020年1月1日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”You’re welcome”と”My pleasure”の違いと使い方についてでした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。