スッキリ!”stop -ing”と”stop to 〜”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は、”stop -ing”と”stop to”の違いとその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

同じ動詞の直後に不定詞と動名詞を置くかで意味が大きく変わる代表例でもありますが、なぜ意味が変わるのかまで落とし込むことで他の似たような例も簡単に理解することができます。それでは、まいりましょう。

 

 

ある行動をやめるなら”stop -ing”

  • 習慣的なこと
スタローン
I stopped smoking a few years ago.
数年前にタバコを吸うのを辞めたよ。

 

  • 今やっていること
マイク
I stopped having lunch when my boss arrived.
上司が到着したとき僕は昼食をとるのをやめたよ。

 

  • ある動きがとまるとき
リョウ
It stopped raining finally.
雨がやっと止んだよ。

 

習慣的にやっていたことや今やっていたことをやめるとき、そしてある動きがとまるときに”stop”の直後に動名詞を置きます。ちなみにこの動名詞は”stop”の目的語になります。

 

 

何かをするためにやっていることをやめるなら、”stop to 〜”

マイク
Let me stop(driving my car) to answer his phone.
電話に出るために止めるね。
スタローン
We stopped to have something to eat.
何か食べるために立ち止まりました。

 

何かをするためにやっていることをやめる場合は、stop”の直後に不定詞をおきます。この場合の不定詞は目的を表し副詞句の役割をしています。

 

 

なんでこんな違いが生まれるの?

反対の動詞で”start to work”と”start working”は同じ意味になることから、なぜ”stop”の場合はこういった大きな違いが生まれるのか理解しがたいところです。理由は以外とシンプルで”stop”とう動詞の性質上、目的語には習慣的なことやすでに起っている動作しかきませんね。そうしたときに不定詞と動名詞のイメージを知っておくと理解するのに助かります。

動名詞のコアイメージ

「すでに経験していること」や「習慣的なこと」、「客観的な事実」そして「アイディア」

不定詞の基本的なコアイメージ

「ある動作や状態が先に起こること」(未来志向)

たとえば、”enjoy”の場合は目的語に「経験したこと」しかおけないので不定詞ではなく動名詞です。

マイク
I enjoy playing golf.
ゴルフするのって楽しいわ。

 

だから、“stop”の動詞の性質上、目的語にすでに経験していること」や「習慣的なこと」しかおけないので大きく意味が変わってしまうということです。”forget -ing”と”forget to”についても別記事でまとめているのでよかったら下記カードよりどうぞご覧ください。

【完全攻略】”forget to ~”と”forget -ing”の違いと使い方

2017年4月2日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”stop -ing”と”stop to”の違いとその使い方についてでした。それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。