スッキリ!”house”と”home”の違いと使い方について教えて

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんばんは、リョウです。

今日は、”house”と”home”の違いについてお話したいと思います。

一度は、これらの違いってなんだろうって考えたことはありませんか。

意味は同じですが、英語を母国語として話す人たちにとっては、明確な違いと使い分けがあります。

それでは、その辺りを掘り下げていきます。

 

 

“house”と”home”の違い

“house”は建物のイメージ

リョウ
I need to clean the house.
家を掃除しないと。

 

どちらも「家」という意味ですが、一体何が違うのでしょうか。

まず、”house”ですが、これは一般的に1世帯住宅を指します。

建物自体にフォーカスするイメージ

そこに人がいようといなかろうと関係ありません。

なぜなら、その建物自体を”house”と呼ぶからです。

また、一世帯のアパートやマンションのことは、”house”とは言えません。

 

 

“home”はあなたの帰るべき場所

ナオミ
I’m home.
ただいま。

 

“house”と比較すると、“home”は家と人との感情的なつながりがある場所を指します。

そこに人が住んでいて、自分が帰る場所や所属する場所のようなイメージ。

必ずしも家族が住む家とは限りません。

ホームステイをしていて、そこが自分の居場所だと思えば、”This is my home.”とも言えるわけです。

 

 

“home”は実家の意味もある

マイク
I’m going home for the summer vacation.
夏休みに実家へ帰るつもりだよ。

 

また、”home”は自分が育った場所に使うこともできます。

 

 

“house”と”home”の使い分け

“home”は副詞になる

アイヴァン
I’m going home now.
今から家に帰るよ。

 

ロバート
I’m going to my house now.
今から家に帰るよ。

 

“house”と”home”の使い分けで大きく違うのは、”home”が副詞として使うことができること。

“there”や”here”そして”somewhere”のような副詞と同じ働きをします。

なので、”home”は名詞としてだけでなく、副詞で「家に、家へ」という意味にもなります。

一方、”house”は名詞だけなので、前置詞”to”「〜へ」をつけてあげないといけません。

 

 

“home”は丁寧なニュアンスもあるよ

リョウ
Thanks a lot for inviting me for your lovely home.
素敵な家に招待してくれてありがとう。

 

“home”は”house”に比べて、「敬意」のニュアンスがこもっています

なので、相手に丁寧な表現として使うことができるのです。

上の例文のように、パーティーに招待してくれたときの感謝メッセージなんかにいいでしょう。

 

 

自分の住んでいる家を伝えるときは、”house”

マイク
Do you wanna come over to my house this Saturday?
土曜日に俺の家に遊びにきてよ。

 

“house”は住宅という建物自体にフォーカスするときに使うと冒頭で言いました。

それ以外にも、人と自分の家について話すときに、”home”より”house”を使うのが一般的です。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”house”と”home”の違いと使い分けでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。