「職人」や「見習い」の英語とその関連表現2選

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は「職人」や「見習い」の英語とその関連表現2選についてお話します。この記事を読めば、さらに英語感覚がアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

1. “craftsman”

ナオミ
My brother is a craftsman.
私の兄は職人です。

 

“craftsman”で「職人」という意味です。”craft”は「技」や「技術」という意味です。どういった職人さんのことを”craftsman”かというと、手を使って例えば、大量生産するような机や椅子、お皿などを作る人たちを指しています。現代であれば、コンピューターを作る人たちも”craftsman”に入ります。また職人さんの性別と言えば、男性が一般的なので”craftsman”としますが、最近では“craftswoman”という言葉も使われます

Google Ngramより

その他にも、同じ意味で“crafts worker”や”crafts person”と表現することもできます。

 

 

2. “Artisans”との違いは?

マイク
We sell these jewelries made by local artisans.
地元の職人さんが作った宝石を売ってるの。

 

“artisan”(アーティサン)はまったく同じ意味でよく使われがちですが、実は少しニュアンスが違います。大量生産するような物や作品ではなく、オリジナルの作品を自分の手で作る職人さんを指します。なので”artisan”は個人事業でやっている方が多いのです。

 

 

“apprentice”

リョウ
I left school at 15 and trained as an apprentice carpenter.
15歳で学校をやめて、見習い大工として修行しました。

 

職人になるためには、見習いから始めますが、この「見習い」は英語で”apprentice”(アプレンティス)と言います。同じような意味だと”trainee”「研修生」や”learner”「学習者」などがありますね。

 

 

職人技は何て言う?

マイク
What a craftsmanship!
なんて職人技なんだ!

 

職人技と言いたいときは、”craftsmanship”を使いましょう。逆に”apprentice”に”ship”をつけると、”apprenticeship”で「見習い期間」という意味になります。

 

 

ピザ職人は何て言う?

リョウ
I wanted to be a pizza chef.
ピザ職人になりたかったんだ。

 

この場合の職人は、”chef”が適切になります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「職人」や「見習い」の英語とその関連表現2選でした。それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。