カッコよく挨拶の返事!”Couldn’t be better”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”Couldn’t be better”の意味と使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらにネイティブらしく挨拶や状況を伝えることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

“Couldn’t be better”の意味は?

相手に調子がどうか聞かれたときに「最高だよ!」と言いたいときは、”Couldn’t be better!”と言います。友人や同僚とあいさつを交わすときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう。

ロバート
How’s it going, buddy?
調子はどう?
リョウ
Couldn’t be better. Yours?
最高だよ。君は?

 

 

 

否定がプラスの意味に転じる”Couldn’t be better.”

“Couldn’t be better.”で「最高だよ。」という意味です。”better”は、”good”の比較級で「より良い」という意味になります。そして主語がありませんが、これは省略されています。このように”couldn’t be”の後に比較級”が来ることで、否定がプラスの意味に転じます。

 

 

主語は省略しているよ

カジュアルな場では、主語を省略することが多いです。今回の場合は”it”が省略されています。なぜ”it”になるかと言うと、質問が”How’s it going?”と主語”it”で聞かれているので、返答するときも”it”を使って、”It couldn’t be better.”とするのが自然です。また毎回主語が”it”になるわけではなくて、質問次第です。下の会話を見てみましょう。

  • I couldn’t be better.
マイク
How are you doing?
調子はどう?
リョウ
(I) couldn’t be better.
最高だよ。

 

 

 

  • Things couldn’t be better
マイク
How are things going?
うまくいってる?
リョウ
Yeah, (things) couldn’t be better.
うん、最高だよ。

 

 

 

なぜ、「最高だよ。」になるの?

そもそも”Couldn’t be better.”が、なぜ「最高だよ。」になるのか、スッと頭に入ってこないですよね。そういうときは直訳してから意訳するとわかりやすいです。直訳すると”It could not be better.”で「これ以上よくならないだろう。」という意味です。今が最高値だからこれ以上よくらないということは最高な状態ということですね。なので意訳して「最高だよ。」となります。ところで”could”の意味は?”could”「~できた」という意味がありますね。

しかし今回紹介しているのは違います。“could”は、未来に起こる低い可能性を表すときにも使える「~できるだろう」という意味になります。

 

 

“couldn’t”を使ったその他の表現3選

それでは、否定文がプラスの意味に転じる場合の”couldn’t”のその他の表現をマイクとリョウに紹介してもらいましょう。

Couldn’t be happier.「最高に幸せだよ。/最高にうれしいよ」

マイク
How is your married life?
新婚生活はどう?
リョウ
I couldn’t be happier.
最高に幸せだよ。

 

 

 

Couldn’t be worse.「最悪だよ。」

マイク
How are you feeling today?
今日、体調はどう?
リョウ
Couldn’t be worse.
最悪だよ。

 

 

 

I couldn’t agree more.「まったく同感だよ。」

ロバート
I think Japanese railways are the most punctual in the world.
日本の電車は世界で一番時間を厳守すると思うな。
マイク
I couldn’t agree more.
まったく同感だよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば使ってみましょうね。

それでは、また会いましょう。

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。