“Can you 〜?”と”Could you 〜?”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”can you”と”could you”の違いと使い方についてご紹介します。

英会話を始めたばかりだと、どちらをどういった場面で使っていいのかわからないときがあります。

なので、今日からは2つの違いを知って、簡単に使い分けられるようになりましょう。

 

 

カジュアルに言うなら”Can you ~?”

“Can you ~?”で「~してくれる?」や「〜してくれますか?」という意味です。

“can”は能力や許可を表す助動詞で「できる、してもよい」という意味を表します。

今回は相手に許可を求めるときの使い方を紹介していますが、もちろん相手の能力を聞く意味で”Can you play the piano?”「君はピアノを弾くことができますか?」のように使うこともできます。

それぞれどちらの意味になるかは会話の状況次第です。

 

リョウ
Can you give me your cellphone number?
君の携帯番号を教えてくれる?
ナオミ
Sure. Here is my number.
もちろん。これが私の番号だよ。

 

 

丁寧に言うなら”Could you ~?”

また丁寧に「〜していただけますか?」と相手にお願いしたい時は、”could”を使って”Could you 〜?”を使います。

少し大きなお願いするときや目上の人にお願いするときによく使われますよ。

 

マイク
Could you do me a favor?
お願いを聞いていただけますか?
ロバート
Sure. What is it?
うん。何?

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”Can you 〜?”と”Could you 〜?”の違いと使い方でした。

機会があれば使ってみましょうね。

それでは、また会いましょう!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。