カジュアルな場面でよく使う「例えば、〜など」の英語表現3選!

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日は、日常会話で頻繁に使う「例えば、〜など」の英語表現を3つ紹介します。

フォーマルではなく、カジュアルな言い回しです。

フォーマルな言い回しに関しては、”so on and so forth”や”such as”などいくつかあります。

それらに関しては、また別の機会にまとめて紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. like 〜

カジュアル度

ナオミ
Are you hungry?
お腹空いた?
マイク
Yeah, I want something sweet like chocolates or ice creams.
うん、例えばチョコレートやアイスクリームとか、何か甘いものを食べたいな。

 

“like”は、様々な使われ方をします。

動詞や接続詞、そして前置詞など。

では、今回の”like”はどれでしょうか。

これは、「例えば、〜のような」という意味の前置詞です。

“like”は、抽象的な単語の後ろによく置きます。

例えば、”something/anything 〜”や”somewhere”、”places”など。

そういった単語のあとに”like”をおいて、具体的に説明することができます。

 

 

2. things like that / stuff like that

カジュアル度

リョウ
What are your hobbies?
趣味はなんですか?
ロバート
I love reading books, watching films, and things like that.
読書や映画鑑賞とかするのが大好きだな。

 

2つ目は、”things like that”や”stuff like that”。

意味は、「〜とか、〜など」です。

どちらも同じ意味で頻繁に使われます。

直前に言ったことと同じカテゴリーに入る場合に、使いましょう。

まったく関連性がないのに使ってしまうと相手が混乱する可能性があります。

また、文末だけでなく動詞の直後におく場合もあります。

マイク
She made me late for the date. I hate things like that.
デートで彼女に待たされたんだ。そういうの大嫌いなんだな。

 

 

3. 〜 blah blah blah

カジュアル度

ナオミ
How was Mike?
マイクはどうだった?
リョウ
He was telling me about his girlfriend and he was breaking up with her and she was crying and how sad she was and blah blah blah.
彼女と別れそうになって、それで彼女が泣いて、めちゃ悲しんでてってな具合にいろいろ話してたわ。

 

“things like that”や”stuff like that”のように、文末につけます。

予想できそうな展開の内容に対して、あえて言わずに省略するときに使う表現です。

かなりカジュアルなので、同僚や友達など親しい人以外には使わないようにしましょう。

発音は、「ブラブラブラ」のようになります。

「ラ」は、”L”の音です。

舌の先っちょを前歯の後ろにつけて発音してみましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「例えば、〜など」をカジュアルな場面で言いたいときの英語表現でした。

それでは、See you around!

 

 

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。