ゴールドコーストで集団リンチに遭遇!初めて海外の怖さを知りました

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は、ゴールドコーストで集団リンチに遭遇についてお話ます。この記事を読めば、海外の怖さを知っていかに日本が恵まれていることがわかります。それでは、まいりましょう。

 

 

ワーホリ生活って最高

“Help me…, help me…”

ゴールドコーストの金曜日の真夜中、僕はアパートの近くで集団リンチにあい、頭から血が出るなか、気を失いかけていた。当時付き合っていた彼女とジャンケイポイして、行き先を決めたオーストラリア、ゴールドゴーストの地に着いてから早6ヶ月が経とうとしていた。住む場所も仕事も見つけて、オーストラリア生活にも慣れ、日本人の友人や現地の友達も少しずつできていた頃だった。

友人のコンドミニアムでやったバーベキューパーティー

 

オーストラリアのユニバーサルスタジオ

「オーストラリア生活って楽しいね。」

そんなことを当時付き合っていた彼女に話している自分が思い浮かぶ。ある平日のお昼、週末にゴールドコーストに到着したばかりの神戸と京都からやってきた大学生が、うちのシェアハウスに住みたいと電話がかかってきた。住んでいたアパートの近くに日本人経営の旅行代理店や日本食屋さんがある小さなビルの一角に掲示板があった。そこに貼ってあった募集の張り紙を見て知ったようだった。

さっそくアパートの部屋を見たいとやってきた。二人と2回生になったばかりで海外を見てみたいということでオーストラリアを選んだそうだ。住んでいるところが近かったこともあったのか、2人とはすぐに仲良くなって毎晩お酒を飲みながら語るようになった。

 

 

金曜日の真夜中に事件は起きる

そんなある晩、事件は起きた。金曜日の夜だった。

ちょうど仕事から帰ってきて、ご飯を食べた後に、2人と残っていたワインを一緒に飲もうということになった。2人ともまだ仕事を探している状況だったので、どうやったら仕事を得ることができるか、またこれからの夢を語り始めた。時間が立つにつれて、お酒の力が働いてきて、3人ともテンションが上がってきた。そんなとき、神戸からやってきた豊君が言った。

 

「クラブいきません?まだ海外のクラブ行ったことないんで、リョウさん連れていってください。」

「お、いいね!そっか、まだ着て以来あんまり遊びらしいことしてなかったね。行こうか。」

それで近場にあったクラブに3人で行こうという話になった。歩いて10分ぐらいのところが、サーファーズパラダイスというゴールドコーストの中でも有名なビーチ沿いの観光地だった。

夜はたくさんの人たちで賑わっていた。クラブに入ると大勢の人たちがいて、ムキムキでいかついオーストラリア男性がいる。いつも思っていたが、なんであんなに身長が高くて、足が長くて、かっこいいやつらばかりなんだ。人生は本当に不公平だ笑。

「豊、ユウスケ、もう3時やで。そろそろ帰ろうか。」

僕たちは、ほろ酔い気分でクラブを出た。

ぼくたちがちょうどアパートへ向かう一色線の道路に差し掛かったところだった。前から、7人ほどのごっつい黒人?それともインド人?わからなったが、僕たちを正面に歩いてきていた。

豊君「ヘロー!ハーワーユー」

リョウ「ははは、お前酔ってるやん。てか、なんか厳ついぞこの人たち」

7人の集団が僕らのほんの1メール前まで来たとき一人がこう言った。

“Where is my friend?”

リョウ ”What do you mean?”

その瞬間だった。右から一発のパンチが僕に飛んできた。一気に酔いが覚めた。僕ら3人とも必死で逃げ出した。こんなとき、反射的に攻撃しようとも思わないのか、本能的にすぐに自分たちの身を守るため逃げることしか3人とも考えていなかった。それと7人の身長180センチぐらいの大男たちなので、瞬間的に勝ち目はないと3人とも同じ気持ちだったのだろう。

2人はサーファーズパラダイスをすぐ右手に歩いていたので、街のほうへ逃げていった。僕は、左側しか逃げるスペースがなく、駐俥する車の列の間へ入っていき、7人たちの反対方向へ走った。しかし、まぬけなことに、3人は僕の後ろからともう4人は前から僕を囲み、行き場を無くされてしまった。

心の中では「やっべえ。もうだめだ。」

そう思った瞬間、7人から一気にパンチや蹴りが四方八方から飛んでくる飛んでくる。倒れた僕をさらに蹴るやつ。さらに、なんどもなんども蹴る。気が失っていないから蹴っているのか。頭から血が出てくるのを感じた。徐々に気を失っていく。

“Help me.”

わずかな力で出した声も誰にも響かず、ただやられるだけ。そんなとき向かいの家から車が出てきた。7人の男たちは、バレると思ったのか、僕のパスポートと携帯、そして財布を持って一気に逃げていった。気が失いかけていたが、なんとか立ち、血まみれにされたことと必需品を盗まれたことが、相当頭にきたのか、僕は彼らのあとを残りの力を振り絞って、追いかけた。

“Give mine back! Fuck you!!”

ゴールドコーストの真夜中に、Fワードが響き渡った。当然見つかるわけもなく、途中でそのまま地面に膝をついて倒れてしまった。

豊「リョウさん!大丈夫ですか?!めっちゃ血でてるやないですか(汗)起きてください。」

ユウスケ「ほんま怖いです!リョウさん、早く帰りましょう。」

二人がやってきた。「おせーよ。てか助けろ!」家に戻った僕たちは、重い空気のまま、一夜を明かした。

 

 

翌日、日本がいかに平和かを思い知る

翌日彼女に手当をしてもらい、幸運にも右上の額のところが横に3センチほど切れたぐらいで、体中には痛みが走っていたが、2週間ほどで完治するようだった。翌日になっても、あんな酷い形でリンチされた自分が信じられなくて放心状態だった。

日本という国がいかに安全であるということ。そして、先進国オーストラリアという綺麗な街であってもこういった残酷な事件が起きてしまうことに大変ショックを感じてしまった。自分が殴られたことに対してよりも、人がそんなことを平気でできてしまうことに対して、とても残念な気持ちになった。

逆に言えば、自分が世間知らずすぎたのかもしれない。日本の平和ボケのせいで、オーストラリア生活を送っていた自分が情けなくなってしまった。のちのち聞いた話だが、ゴールドコーストで観光客を狙った暴行事件が時期によって多発することを知った。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。今となっては笑い話ですが、ちょっと重い話でしたね笑。以上が、オーストラリアで経験したリンチ事件でした。それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。