さらに周りを気遣える!”take care of yourself”の意味と2つの使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”take care of yourself.”の意味と2つの使い方、そして応用編も合わせてご紹介します。

わりと使われるシーンが多い分、会話では頻繁に使われます。

この記事を読めば、英語でさらに周りを気遣える可能性が広がります。

それでは、まいりましょう。

 

 

別れ際に

マイク
See you around.
またな。
リョウ
Take care of yourself.
気をつけて。

 

 

“take care of yourself”は、別れ際に使うことができます。

相手が帰る際に、事故にあうことなく帰宅してほしいというニュアンスを込めています。

なので、意味は「気をつけて」です。

“of yourself”を省略して”Take care.”と表現することもあります。

 

 

お見舞いに

ナオミ
I’ll get better soon.
すぐによくなるわ。
マイク
I do hope so, too. Take care of yourself.
僕もそう思ってるよ。お大事に。

 

 

病気で入院している友人や知人などに、いたわりの意をこめて、「お大事に」という意味でも使えます。

命令形の文ですが、「〜しろ」というニュアンスはありません。

相手にアドバイスするような形で、「〜してね」というニュアンスになります。

 

 

普通の文にも使ってみよう

命令形でなくても、使うことができます。

普通文で、「大事にする」という意味で、例えば

 

最近買ったばかりのスマホがもう傷だらけで、友人RYOから

リョウ
You should take better care of your smartphone.
もっとスマホを大事に使ったほうがいいよ。

 

 

このうようになります。

強調して、”better”「もっと」を入れました。

その他にも、”good”を使って、

ロバート
Take good care of your health.
健康にしっかりと気を配ってね。

 

 

となります。

 

 

応用編

それでは、応用編です。

ここまで、”take care of yourself”の2つ意味をご紹介してきました。

意味は異なるものの、共通したコアイメージがあります。

それは、「関心を向けること」または「気遣う」

そういったコアイメージから、”take care of”は他の場面で使われることもあります。

 

1: レストランで

アイヴァン
Let’s pay the bill.
お会計しよ。
ナオミ
Sure. Let me take care of it this time.
うん。今回は私がおぼるよ。

 

 

レストランで、友人と食事をした後に、今日は私がおごりたいってときありますよね。

そういうときにも、使えます。

 

2: 仕事場で

スタローン
Oh, I still have two tasks that should be done by today.
今日中に終わらせる業務がまだ2つもあるよ。
ロバート
I’ll take care of one. You can do the other.
一つは俺に任せて。君はもう一つのやって。

 

 

もう一つは、仕事場です。

ある業務を自分に任せてほしいときや、積極的に自分が行いたいときに使えます。

どうでしょうか。

このように、”take care of”は場面によって意味が変わります。

少しややこしいですが、そのフレーズのコアイメージを大事にして常に使うようにしましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”take care of yourself”の意味と使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。