今日からネイティブ発音”could have”と”would have”が聞き取れないわけ

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はネイティブが発音する”what are”についてお話します。この記事を読めば”what are”のネイティブ発音が簡単に聞き取れるようになります。それではまいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

ネイティブの発音する”could have”や”would have”を聞き取るには、”h”の発音が消えることを知っておく必要があります。まずは二人の会話を見てみましょう。

マイク
I wasn’t able to meet the deadline. It’s my fault.
期限に間に合うことができなかったんだ。僕のせいだ。
リョウ
I thought you would finish by yesterday.
昨日までに終わると思ってたよ。
マイク
Actually I could have stayed up late in the office, but I was so lazy.
実は、事務所に遅くまでいることもできたんだけど、すっごいだらけちゃって。

 

 

 

ナオミ
 If I hadn’t gotten married, I would have gone to work in the States.
結婚してなかったら、アメリカに働きに行ってただろうな。
マイク
Was that your dream?
それが君の夢だったの?

 

 

 

“could’ve”と”would’ve”

「クドハブ」や「フドハブ」とは違って聞こえましたか?紹介した音はネイティブがよく発音する”h”が省略されたパターン、”could’ve”と”would’ve”です。”have”の”h”が抜けて”ave”が「アブ」のように発音されて”could”や”would”の”d”と”ave”の”a”が繋がって「ダブ」という音になります。通しで言うと「クダブ」や「ウダブ」という音になります。

 

 

さらに早口になると?

さらに早口になると、また違った音になります。先ほどだとまだ”could’ve”「グダブ」や”would’ve”「ウダブ」のように”have”の原形がまだ残っているのがわかります。しかしここからさらに早口に発音すると”ve”の部分も抜け、”coulda”「クダ」や”woulda”「ウダ」のような音になります。二人の会話を聞いて違いを確認してみましょう。

マイク
Did you know that she submitted the resignation letter because of the mistake she made?
例のミスが理由で、彼女退職届出したって知ってた?
リョウ
Oh gosh. I could have changed her mind.
えー、まじか。彼女に思い直してもらえたかもしれないのに。

 

 

 

マイク
I finally finished translating these Japanese documents to English ones.
やっと日本語の資料を英訳し終えたよ。
リョウ
Oh, I would have helped you out if you had told me earlier.
え、早く教えてくれてたら、手伝えたのに。

 

 

 

could haveの関連記事

ネイティブはこう発音する!”should have”が聞き取れいないのはなぜ?

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”could have”と”would have”のネイティブ発音でした。それではSee you next time!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。