接客必須3フレーズ!「お似合いですね」って英語で何て言う?

こんにちは、リョウです。

今日は、「お似合いですね。」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、サラっと相手を褒めることができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: “It look + 形容詞 on ~.”

リョウ
It looks nice on you.
お似合いですね。
ロバート
Thank you. I’ll take it.
ありがとう。これにするわ。

 

 

 

look + 形容詞”「~に見える」という意味になります。

相手が着ている服がすでに話の話題にすでに上がっている場合、今回のフレーズのように繰り返しを避けて代名詞”it”を使います。

相手が着ているもの、例えば、シャツやジーンズが初めて話題に上がる場合は、“That shirt looks nice on you.”「そのシャツお似合いですね。」や”Those jeans look nice on you.”「そのジーンズお似合いですね。」のように”that”や”those”などを言いましょう。

前置詞onのコアイメージは「接触」です。

この場合、着ているものが人の体に接触しているので、前置詞”on”を使います。

 

 

2: “That suits you (well).”

“suit”「(服装などが)~に似合う」という意味の動詞を使って、”That suits you (well).”と言うこともできます。

二人の会話を見てみましょう。

 

ナオミ
Look, I bought this new hat.
見て、新しい帽子買ったんだ。
マイク
Wow, that suits you well.
おお、良く似合ってね。

 

 

“fit”は同じ意味にならないので注意

“That fits you well.”と言うこともできますが、こちら意味が変わってきます。

日本語でも「フィットする」というように、似合っているか、似合っていないかはここでは話になっていません。

サイズが合うという意味になるので、「似合ってるね。」と言いたくて、”That fits you well.”と言い間違えないようにしましょう。

 

 

3: “You look + 形容詞 in ~.”

主語を「もの」にして表現するだけでなく、人を持ってきても同じような表現ができます。

まずは、二人の会話をみてみましょう。

 

リョウ
You look good in blue.
青色は君によく似合ってるね。
ナオミ
Thank you.
ありがとう。

 

 

色や服装に使える

上の会話では、青色が似合うと言っていますが、色だけでなく、もちろん服装にも使えます。

例えば、友人が新しい服を着ていて、“You look good in that shirt.”「そのシャツあなたに似合ってるね。」のように言うことができますよ。

 

 

ここでは前置詞”in”を使うの?

“You look good on blue.”でもいいのでは?と思った方もいると思います。

ただ、英語のニュアンスの観点から言うと、前置詞”in”が自然になります。

前置詞”in”のイメージは「ある空間・範囲の中にある」です。

「青色が似合うね。」と言った場合、青色という色の範囲の中というニュアンスが入ります。

服の場合も、”You look good in that shirt.”と言った場合、そのシャツを来ているので、あなたはシャツの中にいることになります。

なので、シャツの中というニュアンスが入ります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

外国人のお客さんや友達にカジュアルなほめ言葉として是非使ってくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019年2月2日

【2019年度】ワーホリで行ける22カ国一挙公開

2019年1月29日

行って気づいた!マニラやセブ旅行に安心で快適な持ち物7選

2019年1月21日

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中