”good luck”の2つの意味とその使い方【皮肉にも使える】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”good luck”の2つの意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば相手を軽く励ましたり、嫌味を言ったりすることができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

まず会話を聞いてみよう

まずは二人の会話を見てみましょう。

マイク
I’m having an important presentation tomorrow. I’m nervous.
明日大事なプレゼンがあるんだ。緊張するよ。
ナオミ
Don’t worry. You can do it! Good luck.
大丈夫だよ。君ならできる!頑張ってね。

 

 

 

“Good luck.”の意味

相手がうまくいくように、また相手の成功を祈って「ファイト!」や「頑張ってね。」と英語で伝えたいときは、”Good luck.”と言います。友人や同僚などに軽くエールを送りたいときに使える便利な英会話フレーズです。”luck”は名詞で「運」という意味です。直訳は「良い運を。」ですが「頑張ってね。」という意味になるのがわかりますね。ちなみに日本語で運が良いときに「ラッキー」ということがありますが、これは”luck”の形容詞”lucky”「運のよい、幸運な」からきています。

 

 

前置詞”with”や”on”でさらに使いこなす!

また対象のものや場所をはっきりさせたいときは、前置詞を使いましょう。相手の成功を祈る対象が物、例えば、試験やプレゼンテーションの場合は、前置詞”with”または”on”を使います。友人と話している最中や別れ際に、“Good luck on/with your exam.”「試験(を)頑張ってね。」や“Good luck on /with your presentation.”「プレゼンテーション(を)頑張ってね。」のように言うこともできますよ。

 

 

”Good luck with”で皮肉を込めた使い方

相手の無謀な挑戦に対して、ちょっと皮肉を込めて下記のように使うこともできます。

ロバート
I want to be as famous as Michael Jackson.
マイケル ・ジャクソンみたいに歌手として世界中で有名になりたいんだよね。
マイク
Wow, good luck with that!
すごい、頑張ってね!
ナオミ
haha. You’re mean!
はは。いじわる!

 

 

 

頑張るに関連する記事

“Hang in there”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”good luck”の2つの意味とその使い方についてでした。機会があれば是非使ってみてくださいね。それでは、また会いましょう!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出