【難易度付き】会話で必ず使える「まさか」の英語表現6選

こんばんは、リョウです。

今日のテーマは、会話で必ず使える「まさか」の英語表現を6つ、難易度に分けてご紹介します。

どれも会話でとても使える英会話フレーズです。

下へ読み進めていただくに連れて、フレーズの表現方法や発音も難しいものになってます。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. No way!

難易度:

マイク
I’m getting married.
結婚するんだ。
リョウ
No way!
まさか!

 

「まさか」をシンプルに、そしてカジュアルに表現したいときに使われるフレーズです。

相手の発言が信じられなくて、驚きも込めて使われます。

場面によっては、「ありえない」という意味にもなります。

また、”no way”の前に”there is”をつけて、”There is no way 〜.”「まさか〜だなんて」と表現することもあります。

 

スタローン
There is no way that you’re getting married.
まさか君が結婚するなんて。

 

 

2. It can’t be!

難易度:

マイク
I won a million dollars.
一億円当たったんだ。
アイヴァン
It can’t be!
まさか!

 

こちらも、”no way”ほどカジュアルではないですが、「まさか」という意味です。

どうなって「まさか」になるのでしょうか。

“it cannot be”のコアイメージは「それは可能性がない」です。

ということは、ありえないということ。

それが、「まさか」や「ありえない」という意味で使われます。

“It can’t be”もbe動詞の後に文が続くことがあります。

 

スタローン
It can’t be that you won a million dollars.
まさか君が一億円当たるなんて。

 

ただ、1も2もそこまで言わなくても、会話の中でわかるので省略して”No way!”や”It can’t be!”と表現します。

ちなみに、”true”を使って、”It can’t be true.”と表現することもできます。

 

 

3. I can’t believe 〜.

難易度:

マイク
I heard that Robert divorced her.
ロバートが奥さんと離婚したらしいよ。
ナオミ
I can’t believe he did that. He really loved her.
まさか彼が離婚なんて。彼は彼女のことが大好きだったんだよ。

 

おなじみの”believe”をつかった表現。

「まさか〜だなんて。」や「〜なんて信じられない。」という意味です。

文だけでなく、代名詞”it”や”that”をおいて、”I can’t believe that/it.”のようにも使えます。

意味は、「ありえない、まさか、信じられない。」となります。

 

 

4. Don’t tell me 〜.

難易度:

ナオミ
Don’t tell me you ate my chicken sandwiches I bought.
まさか私が買ったチキンサンドイッチを食べてないよね。
マイク
Was that yours?
あれ君のだったの?

 

自分が予想したことの確認も含めて、驚きもを表現するときに使います。

意味は、「まさか〜じゃないよね!」

“It’s 〜, isn’t it?”「それは〜だよね?」という念押しの表現に驚きが入った感じです。

 

 

5. I never thought 〜.

難易度:

ナオミ
I never thought Mike would become a blogger.
まさかマイクがブロガーになるなんて思わなかったよ。
リョウ
You can say that again.
ホントだよ。

 

過去の話をするときに使いましょう。

意味は、「まさか〜なんて思わなかった。」です。

一度も思わなかったというところから、意外性や驚きを表現することができるんですね。

 

 

6: Who would have thought 〜?

難易度:

ロバート
Ryo went to the Philippines all of a sudden and lived there for 7 years.
リョウは突然フィリピンに行って、そこで7年も住んだんだよ。
リョウ
Who would have thought that he could do such a thing?
彼がそんなことできるなんて誰も思わなかったよ。

 

最後になります。

“would have + 過去分詞”に気づいたでしょうか。

シンプルに使い方を説明すると、

「過去の推量」で、もう少し砕いていうと、、

過去の話をしていて、こういった状況なら、「〜しただろう」と表現したいときに使います。

リョウがフィリピンに行く前(ある特定の過去の話)、”who would have thought 〜.”で「誰が〜考えただろうか」という意味になります。

つまり、誰も僕がフィリピンにいって7年も住むなんて思ってなかったってことになります。

形が難しい上に、発音も難しいです。

カタカタだと、”would have thought”は「ウデゥブソッ」のような発音になります。

3回行ってみましょう。

“Who would have thought”

フーウデゥブソッ

フーウデゥブソッ

フーウデゥブソッ

 

OKです!

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、会話で絶対に使える「まさか」の英語表現6選でした。

それでは、See you around!

 

 

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

ご紹介、会話で頻繁に聞く"no wonder 〜"の意味と使い方!

2018.03.20

驚き必須5フレーズ!「マジで?」って英語で何て言う?

2016.06.30

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中