マニラやセブでの移動手段に利用したいタクシー予約アプリ2選

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、海外旅行初心者の方がセブ島に遊びにきたときの一番安全なタクシーの乗り方についてご紹介いたいと思います。

セブ島にはとても綺麗な場所やいいところがたくさんありますが、日本の治安レベルと比べれば低いですし、やはり危険です。なので、ある程度の安全管理能力を持って楽しいマニラ&セブ旅行をしましょう。それでは、まいります。

 

 

まず普通のタクシーって安全?

セブ島は観光地と行ってもやはりまだ発展途上国です。日本の感覚で旅行をすると痛い目にあう可能性が高いです。

セブやマニラに住んだ経験からいうと、東南アジアの旅に慣れていない、もしくは海外旅行すら初めてという方の場合は、普通のタクシーはできる限り控えておいたほうがいいです。

初乗りが40ペソで安いのですが、ドライバーによってはメーターをつけずに最初から値段交渉をしてくる人がいます。そういうタクシーに当たった場合、すぐに別のタクシーを探せばいいのですが正直なところ煩わしいです。

事実、そういったことを知らずに、知り合いですが普通の値段の5倍以上を払ってしまった方もいたり、さらに最悪なことに、タクシー運転手からスリにあった方もいます。’

 

 

そもそもなんでぼろうとするの?

そもそもなんでぼろうとするのかです。理由は2つです。ガソリンの値段上昇に対して初乗りのメーターの値段が一致しないこと。そして、家族をサポートするために十分な稼ぎがない時です。

とくに渋滞が激しい時に値段交渉をしてくる可能性が非常に高いです。止まっていてもメーターがどんどん動くのでそれが理由ですね。もちろん、全員が全員ひどいドライバーばかりではありません。

渋滞が起こる時間はだいたい朝の8時から11時と午後5時から8時ぐらいの間になります。セブもマニラも渋滞はひどいので、できるだけその間を避けてタクシーを利用するとスムーズな移動ができます。

 

 

東南アジアに慣れていて、英会話ができる

ただ、東南アジアの様々なところに行ったことがある人で、さらに英会話がある程度話せる(日常会話レベル)であれば、普通のタクシーを乗っても大丈夫でしょう。断定はできませんが。。

なぜなら、東南アジアのタクシー事情を知っていれば、冷静に慎重な対応ができるし、さらに英会話ができれば、交渉されたとしてもスムーズな対応ができるでしょう。

そのあたりで、ストレスに感じることも少ないでしょう。初めて海外に来た友人がセブ島やマニラに遊びにきたことがありましたが、現地の方も雰囲気でわかるのか英語が話せなくて慣れない観光客の場合だと、すぐに値段交渉を吹っかけてくることが多かったです。

ただ、慣れていて英会話に自信があってもぼられることはもちろんあります。現地の人でさえぼられますから。悲しい現実です(泣)。

 

 

“Grab Taxi”と”Uber”は必須

GrabとUberは、スマホでダウンロードできるアプリです。どういうアプリかというと、GPSであなたのいる場所の周りにいるタクシーを捕まえてくれるという便利なものです。希望の時間帯に事前予約はできませんが、タクシーが今すぐ必要っていうときに利用できます。

現地の人も最近こちらのほうが利便性が、普通のタクシーと比べて非常に高いのでGrabとUberを使う人たちがどんどん増えています

理由はまず安全であること。そしてタクシーが綺麗です。普通のタクシーと比べてとても快適な移動ができます。ただ普通のタクシーに比べて値段が1.5倍ほど高くなります。

少々高くても安全はお金で買ったほうがいいでしょう。個人的なオススメは、Grabです。なぜかというとGrabに登録しているタクシーの数がUberより大きいので、すぐに捕まりやすいのです。だから僕は基本的にGrabしか使っていません。

ダウンロードは下記ボタンより済ましておきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、セブでタクシーを利用するなら、絶対にダウンロードしておくべきアプリ2選でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。