「~は…しやすい」って英語で何て言う?今日からはこのフレーズを使って状態の変化を伝えることができる!

「~は…しやすいです。」は英語で”主語 + get … easily.”と言います。ある人の性格やある物の性質を伝えるときによく使う便利な英会話フレーズです。

 

まずは二人の会話を見てみましょう。

マイク
He gets mad easily, doesn’t he?
彼って怒りやすいよね?
ナオミ
Yeah, that’s what I thought, too.
うん、それ私も思った。

 

 

 

状態の変化は動詞”get”を使おう!

get + 形容詞で「~の状態になる」という意味になります。「状態の変化」を表しいたいときはgetを使いましょう。

その他にも、”She gets bored easily.”「彼女は飽きやすい性格なんだ。」や”He gets jealous easily.”「彼ってすぐにやきもち焼くの。」のように言うこともできますよ。

 

 

ある状態の表す場合はbe動詞を使おう!

反対に今のある状態を伝えたいときは、be動詞を使いましょう。

be動詞を”get”と比較して考えると使い分けがはっきりするかと思います。上の例文をbe動詞に置き換えて言うと”She is bored.”「彼女は暇に感じている。」や”He is jealous.”「彼はやきもちを焼いている。」のようにその時の状態を伝えることができますよ。

 

 

“get + 形容詞”を進行形にして使ってみよう!

日常会話では、”get + 形容詞”を進行形にして使うことも頻繁にあります。ある状態になりつつあるときに”I’m getting hungry.”や「お腹が空いてきた。」”I’m getting tired.”「疲れてきた。」のように表現することができます。

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば是非使ってみてくださいね。それでは、See you again!

 

 

"I feel blue"ってどういう意味なの?今日からはこのフレーズを使って、ネイティブっぽく感情を表現してみよう!

2017.04.08

英語で「うんざり」をカッコよく言いたいときに使える便利なフレーズ3選!今日からはまた一つ感情表現が豊かになる!

2016.09.29

"feel 〜."と"feel like 〜."の意味と使い方4選!今日からは相手に感情や気分、体調そして意見を伝えることができる!

2016.08.31
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。