「雰囲気」=”atmosphere”ではないよ!「雰囲気」の英語表現3選とその使い方

こんにちは、リョウです。

今日は「雰囲気」の英語表現3選とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

僕自身、受験でもこの単語が出てたような気がしますが、この「雰囲気」という意味の単語を初めて覚えたのが”atmosphere”で海外へ出たころは、とりあえず「雰囲気」と言いたいときはこの単語ばかり使っていました。

でも実はそれって適当な使い方なんです。

では一つずつ見て行きましょう。

 

 

1. “atmosphere”の意味と使い方

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
Hey, how was your first day at work?
ねぇ、初日の仕事はどうだった?
マイク
It went well. The atmosphere in the office was great.
うまくいったよ。事務所の雰囲気はよかったよ。

 

 

場所や状況の雰囲気に対して使う

「(地球の)大気」という意味もあります。

でも、会話では一般的に場所や状況に対して、「雰囲気」という意味でよく使われます

会話では場所に対しての使い方を紹介しています。

状況に対してであれば、”Atmosphere in the meeting was gloomy.”「会議の雰囲気は暗かったね。」のように使うことができます。

 

日本語で言う「ムード」は和製英語?

日本語では「ムードのあるお店」や「ラブラブなムード」、「ムードメーカー」のように日本語でいう”mood”は「雰囲気」という意味で使われることが多いと思います。

もちろん”mood”も「雰囲気」という意味で使われることはありますが、英語の場合”My boss’s in a good mood today.”「今日は上司の機嫌が良いわね。」のように人の気分を表す時によく使われます。

 

 

2. “ambiance”の意味と使い方

まずは二人の会話を聞いてみましょう。

リョウ
Did you enjoy the dinner for tonight?
今夜の食事は楽しめた?
マイク
Yeah, I really did. And I liked the ambiance of the restaurant.
うん、とても楽しかったよ。あとレストランの雰囲気気に入ったわ。

 

 

ホテルやレストランなどの独特な雰囲気に使う

場所に使うことから、一つ目に紹介した”atmosphere”と意味が似ています。

こちらは場所の雰囲気に広く一般的に使われるのに対して、”ambiance”は特定の場合、レストランやホテルなど人工的に作られた独特の雰囲気に対して使われます。

“atmosphere”と”ambiance”をしっかりと使い分けれていると、英語中級者という感じでかっこいいですね。

 

 



3. “vibe”の意味と使い方

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
You were finally able to meet my friend, Kelly. She’s nice, right?
ついに僕の友達のケリーに会えたね。素敵な人でしょ?
アイヴァン
Yeah, I like her vibe.
うん、彼女の雰囲気気に入ったわ。

 

 

人の雰囲気に使う

人の雰囲気に対して言いたいときは、この”vibe”「雰囲気、オーラ」を使いましょう。

もともとは、”vibration”「振動」という言葉から来ています。

くだけた表現なので、カジュアルな場面で使うようにしましょう!

 

「バイブス」って言葉覚えてますか?

お気づきになった方もいるかと思いますが、日本でも2013年頃に若者言葉として「バイブス」と言う言葉が流行ったのを覚えていますか?

これは英語の”vibes”からきているんです。

「雰囲気、気分」という意味で「いいバイブス」や「バイブスが上がってきた」などと使われていましたね。

また、”vibe”は人の雰囲気に対して使われることが多いですが、”atmosphere”のように場所や状況に対して使うこともできます。

冒頭でも述べたように、表現がくだけた感じになります

 

 

他にも使える例文2選

よく使いそうな例文を紹介しておきますので、マイクの例文を音読してみましょう。

マイク
He gave off negative vibes.
彼からネガティブなオーラが出てたね。

 

 

マイク
I wanna have dinner in a place with a good vibe.
いい雰囲気の場所で食事をしたいな。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「雰囲気」と言いたいときに必ず使える日常英単語3選でした。

それでは、See you again!

 

 

英語力が必要な職業41選【教養レベル(TOIEC、英検)と実践レベルで分析】

2019.03.28

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    RYO英会話ジム

    投稿者:RYO
    KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
    Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中