「英語が苦手」の英語4選とその関連表現4選【”bad”や”sorry”などの単語は使わないで】

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「英語が苦手」の英語4選とその関連表現4選【”bad”や”sorry”などの単語は使わないで】についてお話します。

この記事を読めば、表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「英語が苦手」を英語で言うと?

ナオミ
I’m not so good at speaking in English.
英語を話すのはそんなに上手ではありません。
マイク
I’m beginner in English.
英語は初心者です。
リョウ
I’m working on improving my English.
英語を勉強しています。(英語の上達に取り組んでいます。)
マイク
English isn’t my first language, so please excuse my mistake.
英語は私の母国語ではないので、間違いは大目に見てください。

 

「苦手」をそのまま英語にすると”poor”や”bad”を使うことになりますが、あえてそれらは使わず例文のように自己肯定してポジティブな表現をすることが大事です。

そうすることで学ぶことに対して前向きな姿勢が自然と出て相手からも好意的に受け取ってもらえるでしょう。

 

 

聞いていて残念な英語表現3選

マイク
My English is very bad/terrible.
英語全然ダメなんだ。
リョウ
I can’t speak English.
英語を話せません。
ロバート
Sorry for my bad English.
英語が下手でごめんなさい。

 

英語を学習している人が英語圏の人と話す際に上記3つのような言い回しをよく聞くことがありますが正直残念だなって思っていて、もちろん「英語が苦手」という言い回しには間違いありませんが発言が後ろ向きなのでよろしくないです。

なぜならネガティブな思考を繰り返した場合、本来持っていい自信を自然と持てなくなったり学習能力を下げてしまう可能性があるからです。

相手が少しでも煩わしい気持ちがあるかもしれないことを思って謙虚に発言している場合もありますが、できるだけネガティブ発言は避けましょう。

 

 

聞き取れなかったときはこう言おう

ナオミ
I don’t understand.
わかりません。

ではなく、

マイク
Could you repeat that?
もう一度言っていただけますか?

また

リョウ
Could you speak a little slower?
もう少しゆっくり言っていただけますか?

 

最初から”I don’t understand.”と言ってしまうと会話をシャットダウンしてしまう可能性があり、さらにネガティブに聞こえてしまうので、聞き取れなかったことを肯定的に捉えてポジティブなアプローチをかけていきましょう。

そうすることで、聞き取れなかったとしても相手にも積極的にコミュニケーションをとりたいという気持ちが伝わりよい雰囲気が生まれるでしょう。

 

 

相手が自分の言っていることを理解してないときこう言おう

マイク
Does that make sense?
言っていることわかりますか?
リョウ
Let me try again.
もう一度言わせてください。

 

このように相手が自分の言っていることを理解していないときは、上記2つのフレーズを使いましょう。

そしてその際、同じ単語をはっきりとクリアに言うか別の単語を使っていうようにしてみてください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「英語が苦手」の英語4選とその関連表現4選【”bad”や”sorry”などの単語は使わないで】でした。

それでは、See you around!

 

 

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。