「~するかもしれない」の英語表現と”may”と”might”の使い分け

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「〜するかもしれない。」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、これからの話をよりスムーズにすることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

「〜するかもしれない」を英語でなんて言う?

「私~するかもしれない。」と英語で伝えたいときは、”I might ~.”と言います。

起こりうる確率として30%くらいのときに使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

リョウ
I might go home early tonight.
今夜は早く帰宅するかもしれない。
アイヴァン
Okay. Just message me when you are on the way home.
了解。家に帰るときにメールしてね。

 

 

 

“may”と”might”の使い分け

起こりうる確率をが低いことを伝えたい場合、助動詞“might”「~かもしれない」を使います。

同じ様な意味で”may”「~かもしれない」があります。

でも、”may”は“might”が起こりうる確率20%ぐらいに比べて、だいたい50%くらいと変わってきます。

なので、どちらを使いたいかは話し手の主観や状況によってかわります。

 

 

“may”は「許可」の意味もある

ただ、“may”には「許可」を表す意味でも使うことができます。

誤解を避けるために「〜かもしれない」と言うときは、比較的”might”が好まれる傾向があります。

「許可」を表す”may”の例文をいくつかマイクに言ってもらいましょう。

 

上司マイクが部下に…

マイク
You may leave now.
もう帰ってもいいですよ。

 

 

 

知人の携帯を少しだけ借りたくて

マイク
May I borrow your phone?
携帯電話借りてもいい?

 

 

 



実は、”might”は”may”の過去形

実はこの”might”は”may”の過去形です。

では、「なぜ未来の話なのに、過去形が使えるのか?」と思った方は鋭い!

過去形で未来の話をすることで、現実に起こりそうにないことを表現することができます

文法用語では、これを仮定法の過去形といいます。

こういった用法は会話では嫌という程でてきます。

だから、”might”は確率の低いときに使うんだと覚えておきましょう。

 

 

似たような表現3選!

“might”だけでなく、未来の”will”と組み合わせて「〜かもしれない」を表現できます。

「たぶん」という意味の”maybe”や”likely”、そして”probably”も一緒に押させておきましょう。

特に”maybe”や”probably”は会話でも頻繁に使います。

 

スタローン
Maybe I will go home early tonight.
今夜は早く帰宅するかもしれない。

 

スタローン
I will likely go home early tonight.
今夜は早く帰宅するかもしれない。

 

スタローン
I will probably go home early tonight.
今夜は早く帰宅するかもしれない。

 

 

「〜したかもしれない」はなんて言う?

ナオミ
Ryo hasn’t arrived yet. He might have missed the train.
リョウがまだ着いてないね。電車に乗り遅れたのかもしれない。
マイク
Let me message him.
メールするわ。

 

「〜かもしれない」を学んだので、ついでに「〜したかもしれない」も押さえておきましょう。

形は、“might have + 過去分詞”です。

“might”の後ろに現在完了形をおくだけ。

これをサラっと使える英会話中級レベルってとこでしょうか。

過去の話の中で、予測をする際に使います。

シンプルにいうと、「あのときこういうこと起こってたかもしれないな」って感じ。

もう少し詳しく知りたい場合は、下の記事をご覧ください。

確率がわかる!「~したかもしれない」って英語で言う?

2017年2月3日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば是非使ってみてくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。