今日から使いこなせる!「私もそう思う」って英語で何て言うの?確信度によって変わる同意フレーズ3選

「私もそう思うよ。」は英語で”I think so, too.”と言います。相手の意見に対して自分も同じように考えていることを伝えたいときに、よく使う便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。Here we go!

アイヴァン
I think he is a nice guy.
彼っていいやつだと思う。

リョウ
I think so, too.
私もそう思う。

 

 

 

“I think so, too.”の意味を理解しよう!

相手に同意していることを強調する

thinkは動詞で「〜を考える」という意味です。日常会話ではよく使われる基本動詞なので押さえておきましょう。

“too”は副詞で「〜も」という意味になり、自分が相手に同意していることを強調するときに使います。

 

 

“so”は便利な代名詞になる

そして、この”so”は話題に上がっている内容を置き換えて「そう」という意味になります。繰り返しを避けることができて、非常に便利な代名詞です。

同じような意味で”I think so.”「そう思うよ。」と言うこともできますよ。

 

 

“think”のニュアンスは?

“think”は、「断定はできないけど、私は~と思う」というようなニュアンスがあります。なので、あくまでも自分の意見として発言する場合に使います。

 

 

“I think so, too”はフォーマル?

ちなみに、この表現はカジュアルでもフォーマルな場面でも両方に使うことができます。

 

 

他の同意表現を知って、カジュアルやフォーマルな場面で使おう!

カジュアルに言うなら?

カジュアルに同意していることを伝えたいときは、”That’s right.”「その通りだね。」と言いましょう。

 

 

フォーマルに言うなら”agree”

またビジネス等のフォーマルな場面では、動詞”agree”「同意する」を使って、”I agree with you.”「あなたに賛成です。」のように言うとよいでしょう。

 

 

確信度に合わせて”think”や”believe”、”guess”を使い分ける

相手が信じていることに対して同意するときは、“believe”を使い、また推測することに同意するときは、“guess”を使います。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう!

リョウ
I guess he is a nice guy.
彼はいいやつだと思うな。
マイク
I guess so, too.
俺もそう思うよ。

 

 

 

“think”よりも確信度が低い

“think”よりも確信度が低いのは、”guess”です。日本語で考えたときも明確ですが、「考える」と「予想する」では意味が違ってきます。英語でも同じで少量の情報から何か推測するときは、”guess”を使いましょう。

 

リョウ
I believe he is a nice guy.
彼はいいやつだと思うな。
マイク
I believe so, too.
俺もそう思うよ。

 

 

 

“think”より確信度が高い

“believe”は”think”より確信度が高いときに使います。”I think he is a nice guy.”と言うと、確信度で言うと50%くらいになります。まだ不確かさが残ります。

だけど、”I believe he is a nice guy.”というと、もちろん断定までいきませんが、確信度は80%くらいになります。

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば是非使ってくださいね。それでは、See you again!

 

 

「彼はどんなタイプの女性が好きだと思う?」を英語で言うと?意外と知らない"疑問詞 + do you think ~?"の使い方を紹介!

2017.04.20

念押・確認したくて「~だよね?」って英語で何て言う?今日からは難しい付加疑問文を使わずにサラッと確認できる!

2016.08.20

「どう思う?」を英語で言うと?"How"それとも"what"?今日からはこのフレーズを使って、スムーズに相手の意見聞けるようになる!

2016.07.02

必須フレーズ4選!ネイティブは「その通り」を英語で何て言うの?

2016.05.28
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。