英語で「感心した」の英語表現とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

本日は、英語で「感心した」と言いたいときにもっとも使える英単語を3つ紹介します。

今日からは、感心したらスムーズに気持ちを伝えられるようになります。

それでは、まりましょう。

 

 

“I’m impressed.”の意味と使い方

ナオミ
I’m impressed. You’re so good at speaking Japanese.
感心したよ。日本語がすごく上手だね。
マイク
I’m flattered. Thank you.
お世辞でもうれしいです。ありがとう。

 

 

 

「感心したよ。」と英語で感情を伝えたいときは、”I’m impressed”を使います。“impressed”は過去分詞ですが、形容詞的に使って、「感心して、感動して」という意味です。相手の優れた能力や素晴らしいショーやパフォーマンスに感心したり尊敬の気持ちが沸いたときに使える便利な日常英会話フレーズです。

日本語では「感心したよ。」と、動詞「感心する」の過去形を使いますが英語では現在形で形容詞的過去分詞”impressedを使います。過去に感心したり、感動したことを伝えたいときは、こんな感じでいいましょう。

マイク
I saw your show last night. I was impressed.
昨夜君のショーを見たよ。感動したよ。

 

 

前置詞”by”や”with”で組み合わせて使う

感心または感動させられた人やものをはっきりさせたいときは、前置詞”by”または”with”を使いましょう。この場合基本的には対象が人の場合は”by”を使い物の場合は”with”を使うといいでしょう。

マイク
I’m impressed with the show.
そのショーに感動したよ。

 

リョウ
I’m impressed by her.
彼女には感心したよ。

 

 

合わせて覚えておきたい”impressive”と”impress”

“impressed”も”impressive”も動詞”impress”から派生した単語で形が似ているので覚えやすいと思います。1つ目は“impressive”「印象的な、強い印象を与えるような、すばらしい」という意味の形容詞。

マイク
The show was impressive.
ショーはすばらしかったよ。

 

このように”impressive”は物や人自体が印象的であることを伝えたいときに使います。そして2個目が“impress”「関心させる、感動させる」という意味の動詞。

ナオミ
He uses big words to impress people.
彼は人々を感動させるために大きなことを言うんだ。

 

一方で”impressed”は感情を表現するときに使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「感心した」の英語表現とその使い方についてでした。

それでは、また会いましょう!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。